image1

七夕ですね。

こんにちは!
梅雨の季節ですが、この日だけは晴れるといいなぁ、と思うの。
だって七夕なんだもん。
今年もイケメン彦星描いたわよ。
image1
織姫は、私がモデルかしら。
image2
んなわけないわよ。
だってそっくりだから。
彦星さまー😍
image3
んなわけないわよ。
image4
PHOTO03

青い法被姿のえい子ちゃん。

年に1度開催される「日本漫画家協会贈賞式」は今年で第46回。
協会の理事を務めるえい子ちゃんは、この日はお客様を迎える側の一員として、
協会会員お揃いの青い法被(はっぴ)姿で登場。
PHOTO01
似合ってますね。
真剣に聞いてる感じだけど、
この後何食べよっかなーって、考えてるね、きっと。
PHOTO02
仲良しの「味いちもんめ」の倉田よしみ先生と。
ふたりで、美味しいもののお話を真剣にしていました。
ちばちゃん、写真撮りましょー。
PHOTO03
理事長ちばてつや先生と。
PHOTO04
バロン先生、相変わらずグッとくる角度!
この後ステージに立つビッグ錠先生に、
「花村さん、一緒にステージで踊ろう!」
と誘われていたよ。
会場内では、美味しそうなビュッフェがずら〜り。
わたくし、少食なので遠慮いたしました。
というのはウソで、帝国ホテルでのイベントでは
いつも終わった後に行く、
ホテル1Fの「パークサイドダイナー」でお食事するのが楽しみなのでした。
PHOTO05
いただいたのは、パンケーキだけではありません、もちろん。
写真に撮れたのがこれだけ。
本日のナンバー1メニューは、
「なんとかのフリカッセ」。
とっても美味しくて、もっといけたかも。
なんて言いながら、
いつも通り、今日も注文オーバーで、
ふーふー言いながら平らげましたとさ。
01

マンガジャパン新年会

先日開催されたマンガジャパンの新年会にえい子ちゃんのお供で行ってきました。
今日もたくさんの人が参加してるわねー。
知り合いの人を見つけるとえい子ちゃんはかけ寄って、はぐはぐ、手をにぎにぎ。
01写真
お久しぶりのさいとう・たかを先生と。
この会は、たくさんのマンガ家の先生や出版社や業界関係者の方々が集まって「今年もがんばろー、おお〜!」と決起するのですが、マンガ家の先生たちの面白い出し物もあるんですよ。
02写真
バロン吉元先生の華麗なダンス!
バロン先生、いつまでもお若いわね。
03写真
石ノ森章太郎先生の生誕地、宮城県から参加の石ノ森萬画館の方々が009のコスプレで登場!
私もコスプレすればよかったかしら。
久々にコスプレ見たいわ。えい子ちゃんには内緒で見せちゃう。詳しくは、こちらでも。
04
2010年のイベントより、なつかしー。
data01

謹賀新年

data01
2017年、明けましておめでとうございます。
今年もたくさん描いていきます。
明けましておめでとうございます。
今年もえい子ちゃんのこと、
モノかげからじーっと見つめてみなさんにご報告しますね。

えい子ちゃんのお正月は?

お正月は毎年、伊豆の温泉で過ごすのよ。
景色が良くて、露天風呂つきでお部屋が良くて、
元旦の朝は、窓いっぱいの水平線から上がるご来光を拝むの。
起きられれば、ね。
実際どうだったかしら。
と思ったら、届きましたよ、初日の出写真!

ちょっと雲がかかってるわね。7時10分ごろかな。
わー、なんかいいことありそう!

それにしてもこのヘアスタイル、とってもシュールなんだけど。
目がクギづけ。
img_01

A Happy Merry Christmas !

お久しぶりです!
あっという間に2016年も年末を迎えてしまいました。
えい子ちゃんから、メリークリスマスです。
img_01
ツリーとえい子ちゃん。
みなさん、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。
image_02
かわいいオーナメント💖
image_03
T子のとこにもサンタさんやってくるといいなぁ。
eiko02

まじめな日もある。

先日えい子ちゃんは、銀座にある日本香堂の香十庵に伺って、お香の勉強をしてきました。
当日は、香道のお話を伺うのなら、この人!というくらいの、とても詳しい、そして、わかりやすくお話いただける日本香堂の特別顧問、稲坂良弘先生から数時間にわたり講義をお願いしました。

香十庵
香道の形づくりが始まった室町時代の銀閣寺にある香間の間取りを再現しているそうなの。
銀座のビルの一室にこんなお部屋があるとは、驚きですね。
背筋がしゃんと伸びそうな空間。

源氏物語でもお香を使って、泣かせる場面があるのよ。%e3%81%88%e3%81%84%e5%ad%9002

まじめに勉強中。

ふーっ、香道って奥が深いわね。

あっという間にランチの時間ね。

食事の間、食事の後もずーっと講義は続くのでした。

源氏物語にも『香』が物語の重要な素材として書かれていることを、T子は今更ながらに知りました。%e3%81%88%e3%81%84%e5%ad%9003

えい子ちゃん作 光源氏
えい子ちゃんの描くイケメン源氏を眺めるのが好き♥
「読みなさいっ」っつーの。
「香道」ってナニ?って人は、
「香と日本人」稲坂良弘 著(角川文庫)
えい子ちゃんの描いた源氏の世界を読みたい方、眺めたい方は、
「源氏物語 上中下巻」(小学館)
を、ぜひ。
eiko_talk

暑中御見舞い申し上げます。

いつも北青山チャンネルの『教えて、えい子ちゃん』をご覧いただいている花村えい子ファンのみなさま、
毎日、暑い日が続いていますが、お元気でお過ごしですか。
まずは、冷房をつけて、
冷た〜い緑茶と涼しそうな夏菓子を用意して、と。
水まんじゅう
あ、これえい子ちゃんが事務所で働くみんなへと、
送ってくれた水まんじゅう。
こしあん好きのT子は、これなら2−3個ペロッといけます。
あー、今年ももう半分過ぎちゃったなぁ。
少し前になるけど、北青山チャンネルのイベントを開催したっけなぁ。

トークイベントのえい子ちゃん。きらきらのついた帽子がキマってます!
えい子ちゃんは昨年末のロンドン、パリ滞在のお話をしました。
トークでは話せなかった、滞在中最も感動したオランジュリー美術館での出来事について、この度開設した『ハナハナブログ』に書いています。
こちらでご確認くださいね。ハナハナブログ
http://www.eiko-hanamura.com/blog/
IMG04

フランスの留学生とえい子ちゃん(2)

再び、ボンジュール♪
前回に引き続き、フランスからの留学生の講義より、
生徒との質疑応答をピックアップ。
質問です。
絵のアイデアが浮かんでもそのあとどう漫画にしたら良いかわからないです。
“セーヌのほとりで、マロニエの木から一枚葉が落ちる……”
「それだけで悲しいじゃない?それで一コマできちゃう。なんで悲しいか、そのあとどうしたか、ね、身近なところから、すぐ物語ができちゃう。出会いからでも、サヨナラから始まっても….。切り口で工夫できるわね。
セーヌのほとり……、なんてロマンチックなんでしょー❤
IMG03
次の質問です。
子供がいたのにどうやって漫画家活動できたのですか?
アシスタントや、手伝ってくれた人がいましたし、なんとかなっていましたよ。
ファンが食べ物持って来てくれたりしました。笑
手のかからない娘さんだったのかしら….??
(じゃりんこ○エみたいだった、って聞いたことあるなぁ。)
当時は雑誌に自宅の住所が掲載されちゃってて、たずねて来ちゃう人は結構いました。
犬のぬいぐるみ抱えて、家出してきちゃう子とか。
おおらかな時代ですなー。アシスタントになりたいと、直談判に来る子もいたとか。ファンレターも自宅に届いてたらしい。
IMG04
生徒さんと ハイ、チーズ。
IMG02

フランスの留学生とえい子ちゃん(1)

ボンジュール♪

5月X日、2007年にフランスの漫画学校、ユーラジアムで講義を行ったご縁で、同校のフランスからやってきたアートコミュニケーション学科の生徒さんにお話をしました。

IMG01

仕事の仕方や、道具の使い方など体験談を中心にたくさんお話しました。実際にイラストも描いたり、生徒さんの絵も見せてもらったの。
「みんな絵がうまい!あとは構成力ね」
お、するどい一言が!!
「絵が下手でも何か心に残るものがあると、いいのよね」
生徒一同大きくうなずく。
あっという間の2時間、中身の濃い内容でみんな満足そうです!
通訳のU野さん、お疲れさまでした!
IMG02

ユーラジアム – 日欧文化大学