「北斎漫画ポーチ」ガチャだと!?

IMG_5660

ガチャ大好き!事務所の後輩・吉田愛美ちゃんがまた北斎関係のガチャ見つけてくれました~♪

IMG_5650

浦上満監修 北斎漫画ポーチ(一回300円) エポック社

IMG_5654

おお!これは『富嶽百景』二編「海上の不二」じゃないですか!

いま、すみだ北斎美術館で開催中の企画展「変幻自在!北斎のウォーターワールド」で展示(前後期)されています!

触った感じ、お父さんの小銭入れみたいな感触の素材です。小銭入れにしようかな?

何を入れようかなー♪

皆さんも見つけて際はチャレンジしてみてくださいませ~☆

 

(葛飾ふとめ)

「北斎で遊ぼう!」無事に終わりました~☆ご来場ありがとうございました~☆

IMG_5894

2018年5月4日すみだ北斎美術館講座室MARUGEN100にて「北斎で遊ぼう!」開催!無事に終わりました☆やはりゴールデンウィークは人出が多かったですね!イベント開始早々から終わりまで、ご家族連れなど多くのご来場賜りました!ご来場ありがとうございました!

今回の「北斎で遊ぼう!」はこんな感じでした☆Facebookライブ配信アーカイブをご覧くださいませ♪

IMG_5893

北斎の人生に江戸後期の文化も学べる「北斎すごろく」

そのすごろくに使う駒作成ブース。前回のぬりえにプラス、お寿司シールや切手シール。ライトストーンなどのキラキラシール、今回デコレーション材料が豪華に。大人からこどもまで、黙々と駒作り。派手なデコレーション駒が多数生まれましたわ。キラキラするのっていいよね!

IMG_5800

射的ブース。輪ゴム銃。最新版は連射ができるのね!本体も頑丈な木材だった。昔、割りばしで輪ゴム銃作ったなぁ。

IMG_5797

今回、新たに「ずぼんぼ」ブースがありました。

「ずぼんぼ」とは江戸時代のおもちゃだそうです。

IMG_5796

紙でできたずぼんぼをうちわで扇いで浮かせるという遊び。これ、中々に難しいの。

IMG_5799

ずぼんぼの脚の先にはしじみがついています。

IMG_5793

あ、北斎漫画シールは参加者にプレゼントしたものです。しじみは江戸時代、隅田川でも多く獲れたそうです。

IMG_5798

皆さま、お気づきでしょうか?屏風。

そう!これは「片岡屏風店」からお借りしているものだそうです。

IMG_5794

動画で紹介している北斎の作品の中にも「ずぼんぼ」が描かれています。

ずぼんぼセットは外国人観光客向きに、成田空港などで発売しているようですよ。この日、来場した外国の男性が購入していきました。その男性は「私は悪いゴルフをしたようだ。」と翻訳アプリの画面を見せながら、フルスイングして上腕二頭筋を抑える動作をしました。ずぼんぼを浮かせるには中々なパワーがいるようでしたわ。

イベント中、どこからともなくバタバタバタとうちわで扇ぐ音が聞こえるなと思った時は、大抵、五味さん(すみだ北斎美術館学芸員)が「ずぼんぼ」で遊んでいました。その成果が分かる動画をどうぞ。

「ずぼんぼ」面白かったなぁ。重さの関係もあるから、そんなにデコレーションはできないだろうけど、塗り絵とかで、オリジナル「ずぼんぼ」作成も楽しそう!

次、「ずぼんぼ」で遊ぶ機会までに、上腕二頭筋を鍛えておこうっと♪

 

(葛飾ふとめ)

【本日開催!】すみだ北斎美術館「北斎で遊ぼう!」【遊びに来てね☆】

IMG_5768

【開催日】2018年5月4日

【時間】10時から15時30分予定(途中休憩となる場合もあり)

【場所】すみだ北斎美術館講座室MARUGEN100にて

参加無料

学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめがサポートナビゲーターとして一日参加します!北斎の人生を辿れる!?すごろくゲームに、ゴム鉄砲射的など縁日みたいなイベントになります!午後はにわか雨が降るかも?という天気予報ですが、お天気良さそうですね!

すみだ北斎美術館へのご来館や、両国お散歩がてら、ぜひ遊びに来てくださいねぇ♪

\すみだ北斎美術館講座室にて「待ってまーす!」/

0941_xlarge

「変幻自在!北斎のウォーターワールド」フォトスポットはこちら☆

すみだ北斎美術館企画展「変幻自在!北斎のウォーターワールド」フォトスポットのご紹介☆

IMG_5593

4月より、すみだ北斎美術館館長に就任されました橋本光明館長と

今回のフォトスポットは講座室に一つ、諸国瀧廻り「木曽路ノ奥阿弥陀ケ滝」

IMG_5589

IMG_5587

照明の位置がよければ、なんとも神秘的な一枚が撮れそうですよ。

IMG_5591

あと、滝といったら、滝行でしょうか。

すみだ北斎美術館 五味学芸員とのスリーショット☆

IMG_5550

あと、3階ホワイエには、冨嶽三十六景「神奈川沖波裏」がありますよ♪

今回も勝手にフォトセッションということで、いつもすみだ北斎美術館企画展内覧会にて、「今回はどんなポーズにしましょうか♪」といつも楽しくポーズを決めて下さる「パトロンプロジェクト」代表・菊池麻衣子さんと、大谷りえ子さんと。

今回はポセイドンぎょろめによる大波に翻弄される人々です。

すみだ北斎美術館へお越しの際は記念の一枚をぜひ☆

 

(葛飾ふとめ)

ドレッシーな北斎衣装!&ふとぎょろ衣装の裏話

IMG_5568

すみだ北斎美術館企画展「変幻自在!北斎のウォーターワールド」内覧会にて、山際学芸員と広報の小川さんが着ていましたドレッシーな北斎衣装!

IMG_5598

UNITED TOKYO」の北斎の作品をテーマにした商品で、内覧会用にお借りしたものだそうです。

IMG_5599

山際さんの衣装は「神奈川沖波裏」をスパンコールで表現。小川さんの衣装は、色んな北斎の「水」の作品が。「諸国瀧廻り」の作品もくっきりデザインされています。

IMG_5597

素敵~☆

IMG_5595

ふとぎょろ内覧会用衣装はぎょろめちゃんお手製。ぎょろめちゃんの腕輪やチョーカーのゴールドは片岡屏風店で頂いた金屏風の金箔の切れ端です。

IMG_5328

初め、モリはふとめがもって登場なんて話をぎょろめちゃんとしていたのです。話が二転三転しまして、ぎょろめちゃんのポセイドンになったという裏話でした。

 

(葛飾ふとめ)

大人も楽しめちゃう化学実験!「水を掴む!?」ワークショップ

IMG_5584

すみだ北斎美術館企画展「変幻自在!北斎のウォーターワールド」内覧会にて、4月30日にすみだ北斎美術館で開催される「水を掴む!?」ワークショップの先行体験しました!

IMG_5570

この水の中から、掴む水をすくい上げる!?

何かと、何かを混ぜて(ちゃんと説明受けたのに、成分大失念!)水を掴む!?化学実験スタート!

IMG_5571

ふとぎょろが参加した回は、色つきで挑戦!昆布とか海藻のぬめり成分で薄い膜を作って水を掴むようですよ。

IMG_5572

さすが、手先が器用なぎょろめちゃん、スイスイと工程を進めていきます。

IMG_5569

ふとめですか?ちょっと雑さが出てしまいましたね。

IMG_5576

でも、なんとか形になりました。ひょうたん?か、アサヒアートスクエアの黄金の炎ですね。

IMG_5574

ぎょろめちゃんのブルーウォーターきれいねぇ。

IMG_5573

一応、口に入れても大丈夫な素材のようです。ブルーはかき氷シロップでした。

IMG_5575

一緒の回を参加した人のは真っ赤なハートに。

IMG_5577

IMG_5578

IMG_5579

膜が固まるまで、しばらく待ちます。にしても、綺麗ねぇ♪

IMG_5582

ふとめの黄色ひょうたんは早々に膜が破れてしまったのですが、なんとか三色できあがりましたよ!

IMG_5580

ぷっくりしてるめちゃんこかわいいハート♡

IMG_5592

今年四月から、すみだ北斎美術館館長に就任しました橋本光明館長も「水を掴む!?」ワークショップを体験。難易度高めの透明にチャレンジして、見事成功しておりました♪

IMG_5581

ぎょろめブルーウォーター、丸みのある貝殻のようになりました。

ぷるぷる具合はぜひ動画をご覧ください。ぎょろめちゃんが水の塊と戯れ、出来栄えに満面の笑みです。

ぶきっちょのふとめでも、なんとかできましたので♪どなたでも楽しめる化学実験です!

4月30日にすみだ北斎美術館で「水を掴む!?」ワークショップ開催されますので、企画展「変幻自在!北斎のウォーターワールド」を見に来がてら、ぜひご参加くださいませ~☆

 

(葛飾ふとめ)


 

「水を掴む!?」ワークショップ

「つかめない水をつかむ科学実験」です。人口イクラなど食品にも使われる海藻由来のアルギン酸という物質などを使って、水なのに「つかんで持ち上げる」ことがきる不思議な体験をしていただくワークショップ!親子いっしょに、水の不思議を体感してみませんか?

開催日
4月30日(月・祝)
開催時間
① 10:30~11:30(予定)(入退場自由)
② 14:00~16:00(予定)(入退場自由)
料金
無料(ただし、観覧券または、年間パスポートが必要です)

KOKOPELL+

#ココペリプラス #KOKOPELLPLUS #すみだ北斎美術館

☆北斎が描く水の世界に飛び込む☆「変幻自在!北斎のウォーターワールド」

IMG_5603

すみだ北斎美術館企画展2018年4月24日から6月10日は、北斎が描く「水」の世界にどっぷり浸かれます!「変幻自在!北斎のウォーターワールド」開催です!

IMG_5567

今企画展担当のすみだ北斎美術館 山際真穂学芸員と♪

今回、冨嶽三十六景「神奈川沖波裏」をはじめ、北斎・北斎門人が描いた「水」の世界がテーマとあり、ふとぎょろは「ウォーター」から連想した衣装で内覧会の司会進行を務めました。

IMG_5564

ふとめはハワイアンガール♪

IMG_5565

ぎょろめちゃんは海の神様!ポセイドン!

IMG_5566

衣装裏話はまたブログ記事に更新します☆

さて!今企画展のふとめレポいきまーす♪

「変幻自在!北斎のウォーターワールド」は全4章からなります。

◆1章「北斎水の都すみだに暮らす」◆

1章では、北斎が描いたすみだの作品を展示してあります。

IMG_5562

ぎょろめちゃんが見ているのは、北斎が住んだとされる箇所を記した地図パネル。北斎は生涯で93回引越しをしています。その殆どを本所(墨田区)で過ごしたと言われています。

IMG_5624

子感「再刻新板 本所深川細見図」

古地図好きにはたまりません。

IMG_5622

葛飾北斎「雪月花 隅田」(前期展示)

しーんと雪が降った日の静けさが聞こえてくるようです。

◆2章「グレートウェーブ」◆

2章では、北斎の代表作 冨嶽三十六景「神奈川沖波裏」に注目した展示(「神奈川沖波裏」は前期・後期見ることができます。)「波裏」は、世界では「グレートウェーブ」の愛称で親しまれています。「波裏」のビフォー・アフター(波裏前・波裏後)で、北斎・北斎門人が描く波の描写の変化を見ることができます。

IMG_5563

葛飾北為「摂州大物浦平家怨霊顕る図」(前期展示)

荒々しい波の描写、迫力満点です。

IMG_5559

昇亭北寿「上総九十九里地引網大漁猟正写之図」(前期展示)

地引網に群がる鳥の描写の細かやなこと。ぜひ、お近くでじっくりご覧くださいませ。

【推し弟子小話】山際学芸員は「北斎門人の作品もぜひ見てもらいたい。」という気持ちで、北斎門人の作品も展示してあります。ちなみに、山際さんの推しメン(推し弟子)は「魚屋北溪」だそうです。確かに今企画展の作品リストを見ると「魚屋北溪」の名前が多い気がする。ぎょろめちゃんの推しはこの地引網の絵を描いた「昇亭北寿」とのこと。ふとめは「溪斎英泉」です。「溪斎英泉」今回の展示にはいません。前回の企画展「Hokusai Beauty ~華やぐ江戸の女たち~」には美人画が展示してありましたね。

IMG_5560

葛飾北斎「和漢絵本魁」初編(前・後期展示)

滝行をしている姿が、ぎょろめちゃんのツボに入ったようです。

◆3章「北斎と瀧廻り」◆

3章は、これも北斎の代表作「諸国瀧廻り」を展示。8点ある作品を、前期4点・後期4点と公開。前期・後期と見れば、「瀧廻り」コンプリートできます。

IMG_5561

葛飾北斎 諸国瀧廻り「和州吉野義経馬洗滝」(前期展示)

垂直と平行に流れる水の描写の違いなどご覧くださいませ。

IMG_5636

「諸国瀧廻り」で描かれた実際の滝の現在の写真と見比べることができるパネルもありました。こうしてみると、北斎の観察力、再現力、誇張の仕方が分って面白いなと。現在の滝の写真は「日本の滝」というサイトで掲載されているものです。

◆4章「北斎の描く水 いろは」◆

4章は「いろはにほへと」の頭文字で、カルタのようなキャプションがあったり、櫛や文様のデザイン、水を描くにあたっての北斎のアドバイスが書いてある手習い本など、「水」を描写するにいたっての A to Z を見ることができます。

IMG_5554

葛飾北斎「今様櫛きん雛形」くしの部

かぜをおとすなみ あさき水 たき (前・後期展示)

IMG_5628

いろはにほへとと、ひらがなが可愛い

IMG_5627

ぎょろめちゃんが険しい表情を。どうしました。

IMG_5630

葛飾北斎「五十三次江都の往かい 島田」(前期展示)

「ろ」Road in the river 「ここだけ、ローマ字、英語だよ、ふとめちゃん」という表情でした。

IMG_5558

葛飾北斎 冨嶽三十六景「隠田ノ水車」(前期展示)

「へ」変化する水の流れ

水の色んな描写が見れて楽しいと、ぎょろめちゃんが好きな一枚です。

IMG_5556

「る」流

IMG_5555

葛飾北斎「早指南 四編 画本早引 流」(前・後期展示)

「る」から始まる色んな言葉のイラストが描いてあります。

IMG_5625

皆さん、この展示風景、画期的なのお分かり頂けますか?

IMG_5635

ぎょろめちゃんの目玉も飛び出る画期的なもの

IMG_5634

↑これです↓

IMG_5633

お分かりいただけます?

IMG_5632

どわ!っとは、踏み込んではいけませんけど、ちょいとつま先が展示ケースに当たりませんの。この展示ケース、展示スペースのデザインや設計をしている人にお話しを伺ったところ、車いすを利用しても見やすい作りになっているとか。あと、本と版画を交互に見ることができますの。「いろはにほへと」エリアは、カルタキャプションや展示ケースにもふとめ注目しちゃいました。

 

以上が、「変幻自在!北斎のウォーターワールド」内覧会ふとめレポートです。写真は全て主催者に許可を頂いて撮影しております。ブログ用に写真は明るく加工しております。館内は作品保護のため、照明は暗めです。

いやはや、北斎の水の世界にどっぷり浸りましたわ。波、川の流れ、飛沫。どれをとっても本当に細かい描写!心なしか涼しい気分になります。ぜひぜひ「変幻自在!北斎のウォーターワールド」へ、足をお運びくださいませ☆

【ふとぎょろ】北斎の人生をたどる双六ゲーム【出演情報】

当美術館監修による、オリジナルの北斎の人生をたどる双六ゲームです。その他にも射的や昔懐かしい伝統玩具のずぼんぼも遊べます。アシスタントには毎度おなじみ葛飾ふとめぎょろめが加わります。

開催日 5月4日(金・祝)
開催時間 10:00~15:00(予定)
料金 無料
開催場所 すみだ北斎美術館講座室MARUGEN100

企画展見に来がてら、北斎双六ぜひ遊びにきてくださいませ☆皆様のお越しをお待ちしております♪

(葛飾ふとめ)


IMG_5603

IMG_5604

すみだ北斎美術館企画展

変幻自在!北斎のウォーターワールド

会期
2018年4月24日(火)~6月10日(日)
前期:2018年4月24日(火)~5月20日(日)
後期:5月22日(火)~6月10日(日)
開館時間
9:30-17:30(入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料
一般 1000円
主催
墨田区・すみだ北斎美術館

【「無視覚流」両国まちあるき】をふとぎょろ体験してきました!

IMG_4892

「無視覚流」の達人 広瀬浩二郎さんとふとぎょろ

2018年3月24日・25日開催すみだ北斎美術館【ワークショップ】感覚をひらく・想像をふくらませる ~「無視覚流」両国まちあるきと、対話型鑑賞で楽しむ北斎~ ふとぎょろは24日の「無視覚流」両国まちあるきを体験してきました!

IMG_4885

まず、すみだ北斎美術館講座室にて、広瀬さんによる「感覚をひらく、まちあるき探検」と題して、「無視覚流」講義を一時間程。視覚による情報がない分、想像を膨らませることができる。聴覚や肌感覚がより鮮明になり、より街に入り込むことができる。などなど、「無視覚」で出来ることを広瀬さんご自身のエピソードを交えての講義内容でした。

広瀬さんざっくばらんにお話する方で、広瀬さんがイギリス出張先で暗闇レストランに入ったというエピソードが印象深かったです。イギリスへ行った時に、友人から「イギリスに来るってことで、広瀬さんの為に暗闇レストラン予約しといたよ!」と、広瀬さん言われ「僕いつも暗闇だから、なんら変わらないんだけどなぁ」と思いつつも「ありがとう」といって暗闇レストランに入ったとのこと。広瀬さんは、暗闇レストラン内を案内なしにスイスイ進んで、奥の席に着いたようで、案内する視覚障がいを持ったスタッフに「なんで座れるんだ…!?」と驚かれもしたとか。

講義の他に、「無視覚」に慣れる為、アイマスクを着用して、聴覚や嗅覚など、視覚以外の感覚が「無視覚」状態になるとどう変化するのかという体験をしました。

IMG_E4859

アイマスクは触り心地のよい素材でした。後ろはマジックテープになっていて、眼に当たる部分は、くぼんでいて圧迫感なく装着できました。くぼんでいるのもあって、なんとなーく、ブラジャーっぽいと思ったのはヒミツです。

視覚による情報で人は味を判断しているのでは?という実験で、アイマスクを着用して「無視覚」状態で飴を食べ、何の味か当てるということもしました。私はピーチ味で比較的分かりやすかったかなと。一瞬、メロンかな?と思ったり、意識をしていないとだんだんと只の甘い塊になっていく感じもしました。

レモンやパインを食べた人は味外れていましたね。柑橘系って同じに感じちゃうかも。パインも甘いとちょっとわかりづらいかも。広瀬さんによると「当たる人外れる人、いつもは半々ぐらい」だとか。今日は、当たった人が26人、外れた人16人とあり、比較的味覚の感性が豊かな人が多かったようです。

IMG_4894

今回は「ブラインド・ランチ」も体験!食をテーマに活動するアーティスト EAT&ART TAROさんによる江戸時代の食事を意識した軽食を「無視覚」状態で頂きました。

あらかた、どんな容器に入っている・料理名などは説明を受けて食べ始めます。

いやー、まず、箸で食材を掴むことができませんでしたね。掴んだかな?と思っても空振りしたり、口に運んでいるつもりでも、食材の向きが分からず、うまく口に入らなかったり。あと、なんとなく、一つ一つの食材が大きく感じました。掴みやすいように、大きかったりもしたのかな?でも、なんとなく、全体的に大きかった。あ、でも甘味の桜餅はもっと大きくてもよかった!

軽食も食材がどんなものか当てることをしました。お寿司で「かつおのたたき」がネタにあったのですね。最初は「食感が、たたきっぽいから、かつおかな?」なんて思ったのですが、周りの人が「しめさば?」とか「白身魚?」なんて声を聞くうちに、分からなくなってまして。私、人の意見に流されやすい!?なんていう性格判断もできたりするかも。ま、一口目で当てましたから、ふとめ、味覚の感性はずいぶんと豊かのようですよ。「無視覚」状態だと、味覚が鋭敏になるなと思いました、辛みとか、すっぱさがいつもよりきつく感じました。

IMG_4889

IMG_4887

IMG_4888

お食事はこんな感じでした。

[笹の器]には、がり・かつおのたたき鮨・づけ鮪鮨・水菜入り出し巻玉子・桜餅

[木の器]には、煮しめ(たけのこ、ゴボウ、椎茸、にんじん、れんこん、こんにゃく、がんも、のびる、さやえんどう)、菜の花のからし和え、豆腐(梅肉・味噌ソースのせ)

煮しめには、ぎょろめちゃんが苦手とする椎茸が入っておりました。ぎょろめちゃん、しっかりよけて食べたとのこと。あらあら。他の参加者の中には、苦手な椎茸「無視覚」だと食べれちゃったという人もおりましたわ。

IMG_E4857

IMG_E4858

これは、広瀬さんが講義中の時間確認をしていた時計。音声で時刻を伝える時計も広瀬さん身に付けていましたが、講義中は音が気になるので、このデザインの時計で触って確認していたとのこと。視覚障がい者専用の時計などは、どうしてもデザイン性が乏しく、買う人が少ないため価格も高いんだそうです。写真の時計は、ユニバーサルデザインのもので、少しお値段は安くなるとか。

IMG_4863

これは、街歩き前のウォーミングアップとして、ペアの人と腕の力点を支えに、「無視覚」状態で色々動いてみようというもの。街歩きで誘導する人、される人の大事なポイント。接触点を軸に、身をゆだね、お互いを信頼していくというものでした。

講義からウォーミングアップもし、いざ「無視覚流」両国まちあるきへ!

街歩きガイドは「北斎通りまちづくりの会」の人達が先導となって案内を。野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ)→ Le Coeur bakery&cafe東あられMERIKOTI → すみだ北斎美術館 と街歩きしました。

いやはや、誘導するのに、ふとめは一苦労しました。右と左の感覚がちょっと瞬時に判断できないのと、公園や建物の言語化が出来なくて、ちょっとあたふた。他の参加者で、誘導以外にも「公園に富士山の形をしたジャングルジムがある」とか「(東あられ店内では)色んな種類のおかきがあります。」などなど、めっちゃ言語化して誘導される人に説明してる!!と思いました。うーむ、反省だわー。視覚情報がないということは、言葉による聴覚情報が大事になってくるのねぇ。改めて意識しました。

誘導される方は、身を完全にゆだねていました。ふとめ、人に身を任せる上手です。「無視覚」状態ですと、聴覚や触覚が鋭敏になりますね。MERIKOTIでは、メリヤス紐を作る機械可動音の「カツーン、カツーン」という音がいつもよりシャープに聞こえたり、歩道から横断歩道を渡るときに、溝?段差による微かな空間?が、やけに深く感じて、少し渡るのが怖かったり。耳や、足裏、あと、肌も敏感に。風の冷たさとか、太陽の向きとかいつもより情報量が多かった。

視覚情報を遮断することで、その他の感覚情報が増しました。

広瀬さんは「障がいを持つことで「できない」ということが強調されることは避けたい。」と言っていました。そういえば、日本バリアフリー協会理事の貝谷さんも「障がいを持つことで「できない」ことに目を向けるのではなく、「できる」ことを大事にしたい」と以前お話していたなぁ。(fmgワークスタジオ稽古場日誌記事

「目が見えない」ことで、不安になることもあります。現に、歩道から横断歩道に一歩踏み出すのが怖かった。点字ブロックも歩きづらい。でも、広瀬さん曰く「視覚障がいを持った人は、道のでこぼこを道しるべにして歩いている。」と。広瀬さんが久しぶりに通っていた大学へ行った時、道が平坦になっていたから、通う慣れたはずの道に迷ったというエピソードとともに、そう話していました。

バリアフリーってどうだったらいいんだろう?車いすの人は段差が少ない平坦な道がいいし、視覚障がいを持っている人はでこぼこ道がいいし。色んなものを持った人が住みやすい街ってどういうものなんだろう。今日の体験で、また新たな方向から「バリアフリー」というものを考えました。

25日の対話型鑑賞も行きたかったな~!触って芸術鑑賞気になる~!今日、触る絵本も体験しまして、触って絵を体験するってまた面白いと思うのです!

今日の「無視覚流」両国まちあるき、とっても楽しい体験でした。

あ、余談ですが、広瀬さん「葛飾ふとめ・ぎょろめ」と聞いて、おじさん二人をイメージしたようですよ。「とってもプリティなレディ二人組です。」としっかりお伝えいたしました。

 

葛飾ふとめ

ふとぎょろお台場へ!「水辺を彩る江戸祭」遊びにいってきたよ☆

IMG_4783

「水辺を彩る江戸祭」へ行ってきました!「北斎をフィーチャーしているならば行くしかあるまい!」と、ふとぎょろ波裏ベストを着こんでイベント突撃してきました~。

IMG_4763

お台場海浜公園大賑わい!

IMG_4762

IMG_4761

IMG_4760

花魁道中も!

IMG_4759

江戸フードも賑わっていますねぇ。

IMG_4782

お蕎麦を販売していたブースには北斎の絵柄も。ここで《北斎エピソード》葛飾北斎は30代後半から夜寝る前には必ずお蕎麦二杯食べる習慣があったそうよ。お蕎麦健康法とあったのかしら。

IMG_4750

葛飾北斎「神奈川沖波裏」を約一万本のろうそくで彩った「北斎浜辺巨大浮世絵」

IMG_4725

IMG_4726

「北斎巨大提灯-龍虎-」

IMG_4764

IMG_4765

巨大提灯の裏側は西郷隆盛と勝海舟の絵柄でした。江戸城無血開城のゆかりでかしら?

IMG_4766

真っ赤に染まるライトアップ

IMG_4781

「赤富士、真っ赤だぜ!」とぎょろめちゃん。北斎イベントということで、小物を北斎尽くめにしておりましたわ。

IMG_4748

今イベントの目玉はこれじゃないかしら!「水幕電子描画」スマートフォン向け人気ゲーム『Fate/Grand Order』(FGO)のキャラクターたちがウォータープロジェクトマッピングに映し出される!

FGOのキャラクターとして「葛飾北斎」可愛らしい女の子のキャラクターになっているのですよ。実はこの女の子、応為という話らしいのですが、それはゲームの中のお話で語られるとか。

この日の「水幕電子描画」内でも「葛飾北斎」必殺技炸裂しております。その様子はこちら!

「神奈川沖波裏」は必殺技になってもかっこいいわよねぇ。

20180317shm

映像から切り取ったものなので、見づらいですが、協力に「すみだ北斎美術館」が。そういえば、次回の展示は「北斎ウォーターワールド」ということで、北斎の波や滝といった様々な水の表現が見れる展示になるとか。フライヤーもかっこいいので、ぜひ一度ご覧くださいませね。

ちなみに「すみだ北斎美術館」所蔵作品は、北チャンチーム画像分析によると

20180317shm2

木曾海道小野ノ瀑布(諸国瀧廻り)

凱風快晴(冨嶽三十六景)

飛越の堺つりはし 岐阜・富山(諸国名橋奇覧)

とのこと。

IMG_4757

ぼうっと提灯に浮びあがるのは葛飾北斎「百物語」小幡小平次やお岩さん、皿屋敷に笑い般若。「水幕電子描画」では敵モンスターとしても登場していました。皆さんお分かり頂けるだろうか?一つ足りないことに。葛飾北斎「百物語」は五枚ありますが、「しうねん」がありませんねぇ。敵モンスターオーディションに落ちてしまったのかしらねぇ。

この提灯群の写真左端にご注目

IMG_4771

丁度、目のところに提灯の骨の線が入っちゃってますが、こちらがFGOにおける「葛飾北斎」です。かわええ。ちらと左上に居る黒い塊。どうやらこの墨をはいている黒い蛸が葛飾北斎らしいです。あーん、ゲットして詳細しりたし。

IMG_4779

提灯、FGOファンの皆さんきちんと自然に列を作って撮影しておりました。ふとめもキッチリ並んでパチリ。

IMG_4770

FGOメインキャラ「マシュ・キリエライト」もイベント仕様の可愛い着物姿。

IMG_4751

今イベントとFGOコラボグッズ売り場

IMG_4769

ふとめが並んだ時には、もうすでに完売のものがチラホラ

IMG_4778

ええ、FGOコラボグッズ買いました。イベント突撃するには、やはりゲームをやっておかなくては!と、最近FGOはじめまして、駆け出しマスターとなっております。

IMG_4774

「葛飾北斎」アクリルキーホルダーと「酒吞童子」缶バッチ。背後に女版・小幡小平次がいますね。

IMG_4776

イベント限定イラストとか胸熱じゃないの!二人ともかわええ。FGO「酒吞童子」は、ふとめの好みにドンぴしゃです。おかっぱでツノ生えてて妖艶で。戦闘モーションも好き。メインアサシンでお迎えしたいです。

葛飾北斎が没してから170年以上経ちますが、現在でもイベントを華やかに彩る北斎の魅力を再確認するイベントでした♪

FGOで「葛飾北斎」再ピックアップされた際には、ガチャぶんまわします。はい。「すみだ北斎美術館」へもガチャ祈願しに行きたいと思います。

 

(葛飾ふとめ)

「横兵庫」髪結い実演イベント@すみだ北斎美術館

IMG_4478

先日3月3日すみだ北斎美術館にて「髪結い実演イベント」が開催されました。まずはじめに、ポーラ文化研究所シニア研究員の村田孝子さんによる「江戸の遊女はファッションリーダー」と題して、江戸時代の髪型の変化や化粧について詳しい解説を一時間。その後、一時間は髪結いの実演でした。村田さんは美術館企画展「Hokusai Beauty ~華やぐ江戸の女たち~」の監修もしております。

IMG_4512

髪結いの実演は、まず「唐輪髷」から変化したといわれる「兵庫髷」を結ったモデルさんが登場。この「兵庫髷」を、江戸時代の遊女の代表的な髪型「横兵庫」に、結髪師の林照乃さんが結っていきます。

まず、髷を解いて、前後左右に髪の毛を部分わけ。モデルさんの地毛は、前髪も腰辺りまで長さがありました。後ろ髪はおしり辺りまであったんじゃないかな。髪の毛をつげ櫛で丁寧にまとめていきます。

後ろ髪部分を上にあげ髷にしていく時に、林さんが名一杯腕をあげて髪の毛をまとめているのを見て、私は伸びるトルコアイスを思い出してしまいました…。

そのまとめた後ろ髪部分は笄に巻きつけ、かもじを足していき、まとめた後ろ髪部分を真ん中から綺麗に、左右に分けます。綺麗な蝶の形になりました。左右のびんをまとめ、べっ甲色の簪を挿していき、櫛を二枚左右に分けた部分の前あたりに挿し、細かい飾りをつけて完成。

IMG_4476

IMG_4481

IMG_4480

江戸時代の遊女の代表的な髪型「横兵庫」の完成です。

髪結い実演イベントには、ざっと80人ぐらいの観客が講座室にいたんじゃないかしら。じっと観客が見守る中行われ、髪型完成後の撮影タイムではシャッター音が鳴りやまなかったです。

改めて髪結いって時間かかりますねぇ。びんつけ油を髪の毛全体に馴染ませたり、白粉を塗ったりと、この日のイベントは14時からだったのですが、モデルさんの化粧や髪結いは12時ぐらいから始めていたようです。村田さんの解説によると、江戸時代の遊女も支度は昼過ぎからだったとか。

髪の毛を「もっとい」(こよりのようなもの)で、林さんは歯を使って「グッ、グッ」と縛り纏めていました。「入れ歯になったら(髪結いは)出来ません。」と林さん。髪の毛を縛っている姿、かっこよかったです。

白粉も髪の毛を結っていると違和感ないですね。蛍光灯なので、どうしても真っ白けではありますけど。村田さんの解説では「ろうそくの灯りだと、白粉は薄ピンク色に見える」のだとか。あら、今度はろうそくの灯りのなかで見てみたいなんていう欲が出ちゃいました。

村田さんの講演も興味深いことばかりでした。お歯黒は虫歯や歯槽膿漏予防だったり、関西と江戸では簪の挿し方が違うなどなど、江戸時代のお洒落をたっぷりとお話が聞けました。

 

(葛飾ふとめ)