「たばこと塩の博物館」【江戸の園芸熱】を見に行ったよ。~ふとめ、ある日のすみだ巡り~

ふらりふとめ途中下車の旅「両国」

「とし田」のいちご大福と「たばこと塩の博物館」特別展【江戸の園芸熱】を見に行こうと墨田へ。両国駅からお散歩がてら行ってきました。

まずはランチをモリモリ食べる。週替わりランチ(704円税抜)おかわりやドリンクはついていないけど、十分お腹いっぱいになりました。サラダのドレッシングが特に美味しかった。

両国「ガネーシュ&バー」美味しいとんかつで有名な「はせ川」の後ろ。(とんかつ屋さんはまだ食べに行っていない。いつか行きたい。)

「とし田」は毎月15日限定でいちご大福を販売しているのです。

はーん、やっとこ「とし田」のいちご大福買えた♪イチゴの大きさで、値段が違うようです。折角だから、大きい方(260円税抜)を購入。

CHILL OUT Coffee&…Records」のカフェオレと共に、いちご大福を食べる、ふとめ。村田さん、いつもわがまま聞いてくれてありがとう。

「とし田」のいちご大福、あんこの甘さがしつこくないので、甘酸っぱいいちごとよく合います。とても美味しい。

さーて、「たばこと塩の博物館」へ行きますかという前に、「SASAYA CAFE」へ。

えへ。来ちゃった。ふとぎょろライブのイベントができないかなぁと突撃したところもあります。

しっかり、スイーツも頂きました。(スイーツのスイーツは別腹なのです。)ダブルチョコバナナパンプディング(600円)中々なボリューム。クリームは豆乳で出来ているのかな。う~ん♪お腹いっぱい(二度目)

はい、「たばこと塩の博物館」へ。

銅像。思わず撮っちゃったよね。

特別展【江戸の園芸熱】植物好きは行きましょう。植木鉢好きは行きましょう。あと、歌舞伎、歌舞伎役者が好きな人はいきましょう。

それと、常設展の塩とかたばこの歴史の展示も面白いです。塩の展示、中々にデジタル楽しい展示あり。楽しい。あと、トイレや喫煙所が綺麗。

博物館の後は、向島の「バナナファクトリー」えへへ、バナナジュースとバナナサンドイッチ食べちゃった。

バナナファクトリーでスープカレー屋情報を聞き、ちょいと店先まで。サンドイッチでお腹いっぱいだったので、また今度。

パパさん、ママさんに会いたかったので、「Cafe883」へ。珈琲焼酎ミルク割(500円)を一杯頂きました。

う~ん♪美味しい一日でございました。

(葛飾ふとめ)

39アートin向島「軒下プロジェクト」マッチング会へ行ってきた

39アートin向島「ファイルクラブ/軒下プロジェクト」マッチング会に行ってきました。

マッチング会の会場は「Sheepstudio」でした。昔ながらの家屋をリノベーションしたスタジオ?ギャラリー?かな。土間が懐かしい。

◆39アート in 向島って?
「サンキューアートの日」に地域で参加しているアートプロジェクト。2010年から始まって、今年で9回目。毎年約39もの企画が参加しています。そのほとんどがこの地域に住んだりアトリエを持っていたりするアーティストやお店、普通に働いている人や町工場の社長さんなどの企画です。向島では、1990年代後半よりこの地に集う現代アーティストや建築家達によってさまざまなアートプロジェクトが行われて来ました。そんな歴史の上に、いま向島にはとても多様で豊かなライフスタイルが浸透しています。そんなここでの創造的な暮らし・活動を、アートに感謝し、一堂に紹介するプロジェクトです。

3月中、向島がアートエリアとなるようですよ♪

そして、この日は「軒下プロジェクト」に参加するアーティストの作品ファイルをみたり、直接話をして「うちの軒下使っていいよ。」という人とのマッチング会でした。

この日以外にも、「テンポラリ」に参加アーティストたちのファイルが39アート期間中は置いてあって、いつでも閲覧可能とのこと。

そして、軒下プロジェクトのマッチングは3月15日まではできるようですよ。向島エリアにお住みの方はぜひ立ち寄ってみて、プロジェクト参加してみてはいかがでしょうか。

 

(葛飾ふとめ)

「SINGLE O」にも行ってきたよ♪

本所「LEAVES COFFEE ROASTERS」からのカフェ二軒目で、亀沢にある「SINGLE O」焙煎工場・土日月はカフェ営業にも行ってみた♪

店内にもテーブル二つとカウンターがあったけれど、外のベンチでミルクコーヒーを待つ。

外は寒かったけど、ストーブをつけてくれたので、しのげました。ミルクコーヒー450円税込を注文。ここも取っ手のないマグだったわ。今の流行り?たまたまかな。

ちょっと苦味が効いたミルクコーヒーでした。また週末行く機会が出来たら、ストレートコーヒー飲もうかな。

ポーチ好きのふとめさんにとって気になるポーチも売っていたのです。ポーチだらけになっちゃうからよく吟味しますが、また行ったらポーチもよくよく見よう。

墨田区歩けば自家焙煎珈琲店に当たるとなっていますねぇ。ぜひぜひカフェ巡りも楽しんでくださいませ♪

 

(葛飾ふとめ)



Single O Japan
〒130-0014 東京都墨田区亀沢2丁目23−2
TEL:03-6240-4455
営業日:土日月
営業時間:
土・日10:00~18:00
月8:00~16:00
祝日の月曜10:00~18:00

本所にできたよ「LEAVES COFFEE ROASTERS」

本所にできました「LEAVES COFFEE ROASTERS」へ行ってきました。

蔵前の厩橋近くにある「LEAVES COFFEE APARTMENT」で提供しているコーヒー豆の焙煎所なのですけど、土日月祝はカフェの営業もしているとのこと。

先日、月曜日に行ってみました。開放的な雰囲気、とても入りやすい。

ポーズを決めてくれているのは、関西弁のお兄さんオクイさんと、綺麗ショートのマイさん。

その日によって違うようですが、三種類ぐらいある豆の中から選びます。どれがいいかわからないときはスタッフさんが親切丁寧に教えてくれます。私はこの日テイクアウトにして、豆はケニアを選びました。(450円税込)

コーヒー豆に器具も売っています。コーヒー豆など購入した時などの紙袋のシールはオクイさんデザインのものだとか。お洒落よん。

また別の日、日曜日に行った時。この日は、オクイさんとイシイさんがいまして、撮らせてもらいました。素敵なお髭♪

この日は、店内用のマグで。丸っこくて可愛い。グアテマラを。希少価値が高いものだそうで、500円税込でした。

ベンチはありますが、土日は人が多かったりと、ちょっとゆっくりとはできないかも。(ふとめのゆっくりは店員さんとのおしゃべりもあるから。)コーヒーを楽しむ時間はちゃんとれますよ。コーヒー好きな人におすすめ。苦手な人も、ラテとかもありますから、そちらをどうぞ。ぜひ、週末は本所まで足を運んでみてくださいませね~♪

 

(葛飾ふとめ)



LEAVES COFFEE ROASTERS
〒130-0004 東京都墨田区本所1丁目8−8
営業時間:10:00~18:00
営業日:土日月祝

北斎動物園!?すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」

すみだ北斎美術館「北斎アニマルズ」内覧会へ行ってきました。今回はふとめオンリー参加。今回もパトロンプロジェクトの菊池さんと大谷さんとで勝手にフォトセッション。いつもありがとうございます☆

三階ホワイエはフォトスポットとなっております。何やら、ツイッター投稿キャンペーンがあるようですよ。

ぜひ、投稿してみてくださいね~。

今回、動物繋がりで、動物占いができますよ。

表もあって自分がどの動物かホワイエで占えます。

動物は12キャラクター。

ふとめは神馬(しんば)でした。あら?これ、ペガサスってことかしら?ふとめ、動物占い、ペガサスですの。束縛を嫌う自由人。華やかで気まま。うん、当たってますね。あ、これ、ぎょろめちゃんのも占ってくればよかった!ま、また今度。

今回、前期でじっくり観ましたのは「桜に鷹」色彩や鷹の羽が綺麗でした。後は、「こわいアニマル」と「未確認アニマル」ゾーン。人面の鯰は中々の恐怖体験。こわいのと未確認は前後期展示されているようですね。ぜひ、人面鯰ご覧ください。

一瞬、動物どこにいる?みたいな作品もありますので、探し当てるのも楽しそう。

前回に続き「ORI TOKYO」で今企画展のコラボメニューがあるようですよ。可愛らしいスイーツのようです。(詳しくはORI TOKYOスタッフブログよりこちら

企画展の他に、「常設展プラス」201925()  201969()が開催。隅田川両岸景色図巻(複製画)丸っと7m見ることができるのと、本物の北斎漫画の展示、それに複製の北斎漫画15編を手に取って見ることができます。ぜひ、こちらも。

(葛飾ふとめ)


すみだ北斎美術館企画展
北斎アニマルズ
会期
2019年2月5日(火)~4月7日(日)
前期:2月5日(火)~3月3日(日)
後期:3月5日(火)~4月7日(日)
開館時間
9:30-17:30(入館は17:00まで)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料
一般1,000円

企画展「北斎アニマルズ」リーフレット300円税込
ミュージアムショップにて販売

ゲストハウスFete宿泊レポ&ふとめ隅田川沿いお店巡り

先日、ゲストハウスFeteに泊まり、次の日は、偶然Feteで出会った足立区の人を隅田川沿いのお店ご案内しました。

ふとぎょろグッズをすみのわで何かできないかなぁという相談をしに、ふとめ墨田へやってきました。打ち合わせ会場は青玄茶荘をセレクト。

最近は、オリジナルブレンドの薬膳茶(お茶菓子付き1000円)にしています。心身こんな状態です(鼻が出やすいとか、お甘いもの沢山食べたとか)と店主の香織さんに伝えて、ブレンドしてもらっています。

この日は、お汁粉(350円)もあったので、食べました。お汁粉、体が温まるわぁ♪

打ち合わせ自体は一時間ぐらいで終わったのですが、なんか閉店までいたよね。

うん。「閉店まで居座る妖怪ふとめ」となっていますね。青玄茶荘を後にして、さて、帰ろうかなとも思ったのだけど。

あ、そうだ、墨田区石原にできたゲストハウスFeteへ行こうと。ふとぎょろライブ会場も相談したいし、午後八時からは何かしらのイベントやっているみたいだしと、歩いてFeteへ。

この日の、午後八時からのイベントはスタッフもゲストも一緒になって、麻婆豆腐茄子丼を食べるという、フードイベントでした。これは、特別に他のイベントがなければ、食卓を囲むのがイベントなのかな。「ふとめさんもどうですか?」とスタッフのコーキくんに聞かれたので、即「食べる。」と答えました。

コーキくんが盛りに盛ってくれた丼ぶりがきましたよ。スープもついて600円。お酒を一緒にすると1000円だそうです。

盛りに盛ってくれたコーキくんのyoutubeチャンネルでは台湾一周旅行の動画更新中ですよ。

コーキくん、Feteスタッフは一月末でやめるとのこと。(ボランティアスタッフ?という短期間住み込みスタッフとして働いていたよう)都内某所でアルバイトはしているようなので、ま、また会えたらよろしくね。

なんか、お腹いっぱいになって、一緒にテレビゲームしてたら(スマブラ楽しい。)21時を回り、お家に帰ろうとも思ったのですが、うん、今日は泊まろうとゲストハウスFeteに泊まりました。

1月2月はあまり利用者がいないようです。外国人は雪がみたいので、この時期、北海道とかが人気のようです。

この日も当日1700円と聞き。うーん、まぁ、家に帰るのとそんな変わらないかなと思って。宿泊。あ、ここはPayPayはなく、支配人のヒデさんに導入してと回し者のように言いました。

ゲストになるとウエルカムドリンクが一杯つくようで、早速ちょびっとビールをいただき。

泊まるとなってからは、ゲストハウスのWi-Fiを繋ぎ、だらだらと過ごす。

Feteのすぐ近くにサミットあり。食材の調達ができる!

コンビニも歩いてちょっと行ったところにあるのだけど、寒いし。偶然居合わせた足立区の人(何らや、ツイッターの企画で当たって、Feteへ泊りに来たんですって。)が化粧水少し分けてくれるとあり、それにあやかる。

この日、毛穴ケア用に買ったクレンジングオイルはもっていたので、お化粧はそれで落とす。(利用者が置いていったゾーンには除光液とかヘアジェルはあったよ。用途狭いね!)

ゲストもスタッフも各々好きに過ごし24時ぐらいに私は床につきました。

女性フロアは二段ベッドの上しか空いていないということで、体重制限はどうじゃろか?と思いましが、ベッドは難なく100キロいけましたね。ただ、昇り降りが梯子と取っ手を駆使してなので、筋力と柔軟性が問われるかも。

シーツは自分でセット。チェックアウト時には、枕カバー、布団カバー、シーツを外して所定のかごへ。シャワーはあるけど、お風呂に入るなら近所の銭湯がいいかもね。「御谷湯」はリニューアルされてとても綺麗そう。その隣の「川勇」の鰻美味しい。今度、Feteに泊まることになったら御谷湯へ行こうっと♪

翌日、朝8時に起床し、フロントへ降りる。朝ゲストを見送った、スタッフのイズミさんをメインに話付き合ってくれる。チェックアウトは10時だし、連泊している人は別に何時でもいいし。ゲストがフロントへ降りてくるのは9時ぐらいからだった。もう少しもぞもぞしていてもよかったな。

さ、そのまま帰るかと思いきや、偶然出会った上京したての足立区の人、墨田初めてということで、ふとめ隅田川沿いガイド開催。Feteスタッフのイズミさんが気になっているお店「うえき」へまずはお昼ご飯。

結構、年季の入った店内。女将さん一人でやっているのかな?

カレーライス小盛(350円)小盛とはいえ、中々な量があるね。おばあちゃんが作ってくれたカレーって感じ。

焼きそばとお稲荷さんが推しっぽい。焼きそば稲荷セット520円。ああ、いいなぁ、この焼きそば。火力強めの焼き加減がいい。お稲荷はギュギュっとした硬さ。

お昼時にいったのですね、男性客が多く、がっつり食べたい人は納豆定食(350円)にお蕎麦(確か400円ちょと~)を頼んでいました。

ふとめも、焼きそばセットにカレーとはがっつりいったわね。ちょっと忍ばせてた胃薬飲みました。

いっぱい食べたー!けど、甘いものは別腹と浪花家のたい焼きをパクリ。薄皮でうまい。

そのあと、クレイジー本社前を通ったり、すみだ北斎美術館へ行ったり、チルアウトコーヒー&レコードへ行きました。そこから、両国橋を渡って、台東区へ。

浅草橋から蔵前に歩き、ダンデライオンチョコレートやおしゃれ雑貨屋さん、厩橋近くにある「リーブスコーヒーアパートメント」へ。この日は、関西弁喋るオクイお兄さんはいなかったのだけど、綺麗ショートのマイさんがハンドドリップコーヒー淹れてくれました。

大きいクッキー好きふとめは、早速こちらも購入。サクサク系のクッキーでした。

「リーブスコーヒーアパートメント」は本所に焙煎のお店もオープンしたようですよ。「Leaves Coffee Roasters」あれ?これ、Feteスタッフのイズミさんが気になっていたお店、ここも入ってなかった?Feteから五分ぐらいのところにあるみたい。土曜から月曜と祝日が営業日なのね。チャンスみて行ってみよう。

浅草まで歩いて、足立区の人を見送って、ちょっと一息。ここの豆腐ジェラートが地味に好きなの。前より、美味しくなっているかも。アーモンドも美味しいよ。

足立区の人、墨田を楽しんでもらえたらしく、案内してよかったなと思うのです。もちろん有名なスポットを満喫するのもいいけれど、街をひたすら練り歩くのも楽しんでもらえたらなと。でも、そこで不可欠なのは、会いたい人だったりします。美味しいものはもちろん、ふとめはおしゃべりが好きなので。

また、帰るかと思ったら、ちょこっと「ちいさな硝子の本の博物館」へ寄ってから帰りました。もう少しおしゃべりして帰りたかったのです。

この日は、墨田区石原から、ぐるっと緑周りで、浅草橋、蔵前、浅草と歩きました。だいたい四時間。1万5千歩でした。

(葛飾ふとめ)

百種の日替わり温泉「薬師湯」

1月27日ikkA8周年イベントを後にしたふとめは「薬師湯」へちょこっとご挨拶。

毎日、色んなお風呂に入れる「薬師湯」さん。年越し前の話になるのですが、ふとめのお家の庭のゆずが今年もだいぶ採れまして。それでもって、今年の冬、最初ちょっと暑かったのもあり、足がすごく早かったのですね。それを墨田の人に話していたら、ikkAのちえさんが「薬師湯さんに相談してみたら?」とアドバイス頂きまして、ツイッターで薬師湯さんにダイレクトメッセージ送ってみたところ、あれよあれよと素早く対応してくれまして。しかも、ポップまで作って頂いて、素敵にゆずを使っていただきましたの。

その節は、本当にありがとうございました。とちょっとアポなしでいってしまったのですが、丁度フロントに立っていたのが、ゆずの件、対応してくれてスタッフさんで。ご挨拶できました。

なんと、シールと入浴剤頂いちゃいました。北斎の絵が使われていますね。

わーい♪入浴剤、使うの楽しみ~♪突然のことでしたのに、ありがとうございます!

ふむふむ、料金はこんな感じなのねぇ。タオルセットあるのうれしい。しかも、スイカ使える!午後六時半ぐらいに立ち寄ったのですが、親子連れも多く、老若男女お風呂を楽しんでいるようでした。

この看板、いい味だしてる。にしても、この親子?は、怪獣ということだろうか。この謎もまたいい。

今月前半の日替わりはこのようなラインナップだそうです。

今度、薬師湯へお風呂入りに行こう♪

 

(葛飾ふとめ)



薬師湯
〒131-0033 東京都墨田区向島3丁目46−10
(スカイツリーすぐ!)
TEL:03-3622-1545
営業時間:15:30~26:00(最終受付25:30)
休業日:水曜日

一軒家cafe ikkA 8周年記念リンゴ尽くしイベントへ遊びに行ってきました♪

1月27日は「一軒家cafe ikkA」の8周年イベントに遊びに行ってきました~♪

と、ikkAへ行く前に、本所吾妻橋駅で降りて「ちいさな硝子の本の博物館」へ

そうそう、先日「ちいさな硝子の本の博物館」ミニバス旅で紹介さてまして、それから商品の完売が続いているそうですよ。

売り切り商品が多いので、気になった商品がお早めに!!

私は、メガネ型の硝子ペンダントを昨年末から買おうか迷っていまして。ここはPayPayが使えるお店なのですが、買おうかなと思ったその時、丁度キャンペーンが終わってのメンテナンス中で使えなくて。取り置きしてもらって、PayPayポイント貯まっていたので、それで購入しました。

「ちいさな硝子の本の博物館」から徒歩へ向かう途中「バナナファクトリー」にて『ホットバナナミルク』(420円)を見つけてしまい、誘われるまま店内へ。

冬季限定だそうです。は~♪寒い日のホットバナナミルクは心身を温めてくれますわ~。甘いミルクがお好きな人におすすめです。

はーい!道草もしましたが、ikkAに到着!8周年記念手ぬぐいとその柄が店内の飾りとなって可愛らしい雰囲気3倍増しになっていました。店内は満席で大賑わい。

只今、二階のギャラリーでは“食”をテーマにした本のイベントもやっていて、ちょっとそちらへいったりして時間調整。

8周年記念いっか新聞を読んで待ってみたり。

この日は「喫茶マーケット」がゲストハウスFeteとikkAで同時開催をしていて、つぼ焼き芋(400円)を購入。

蜜が滴る、紅はるかを堪能しました。つぼ焼き芋にはまっている。次回もあるかな。楽しみだな。

さ!待ちに待っての、りんごづくしikkAメニュー!りんごをふんだんにつかったビーフカレー。旨味たっぷりで美味しかった~。喫茶マーケットで販売しているたくあんといぶりがっこも添えられていて、いぶりがっこがベリうまだった。今度、喫茶マーケットで見つけたら買おう。

ビーフカレーの次は、アップルパイとキッシュ!

りんごとチキンのキッシュ!赤い粒粒はペッパーよ。ペッパーがピリリと効いてて美味しかった~♪

アップルパイ、アイス添え!アップルパイにはお芋も入っているということでしたが、お芋も十分美味しい甘いのだったようで、ちょっと分からぬままパクパク食べちゃった。(コラッ)

は~ん♪ikkA店主のちえさん、本当にお料理もスイーツも上手~♪通うのやめられないのよ。うん。

二月中旬、ちえさんケニアに行くそうです!これは、紅茶知識が倍増しますね!!ふとめ、ケニアスイーツが気になる!

そしてそして!彫紙アーティストのやぎ~ぬさんにお会いできました!すれ違いが多かったのですが、「いつかikkAでお会いできたらいいですねぇ♪」と話していたのです。8周年記念イベントでお会いできてよかった~。やぎ~ぬさんの眼鏡めちゃかっこよかった。あと、めっちゃ細かった。

やぎ~ぬさん、今度京都で個展が開催されるようですよ♪

でね、午後二時過ぎにikkAへ行ったわけですよ。まったり店内で過ごしていたら、閉店の午後六時までいましたよね。あら?この日も、どこか別の場所に行こうと思っていたのに。おかしいなぁ。このままでは、ずっといてしまう!!とお店を出まして、ちょっと電車乗る前に、「しげの珈琲工房」へ。は!ここでも、閉店七時を過ぎてもマスターをおしゃべりしていた!ついつい、のんびりしちゃうふとめなのでした。マスターいつもありがとうございます。

ikkAさん、8周年おめでとうございます!また、のんびりしにいきます~♪

 

(葛飾ふとめ)

「新・北斎展」へ行ってきました~♪

森アーツセンターギャラリーで開催中の「新・北斎展」へ行ってきました♪

いや~、すごい数の作品が並んでいました!特に、北斎の若い頃の作品、春朗や宗理時代の作品が沢山みることができました。ギャラリー内は六つのエリアで構成されていて【春朗期・宗理期・葛飾北斎期・戴斗期・為一期・画狂人老人卍期】の流れで見ることができます。

あ、ここで早速宣伝。北斎の画号の移り変わりが分かる【北斎名前唄】「北斎卍ラプソディー」はこちら

English ver.もあるよ!

よかったらMVみてね!

展示内で撮影コーナーが一か所ありました。「しん板くミあけとうろふゆしんミセのづ」を複製して組み立てた拡大模型とのこと。

結構大きい。お風呂屋さんの模型かなぁ。男女で、ふろ上がりっぽい人達がちらちら。なんかロッカーみたいな棚が二階にあるのね。

資料でみたことがある作品の実物が見れたり、見応えばっちり!最初の方は小さい作品が多いかな。カードサイズのものがあったり、本の挿絵だったり。単眼鏡を使って鑑賞している人もいました。じっくり見ようと思ったら、二時間以上はかかるんじゃないかしら。あ、リュックは前に抱えるか、ロッカーに預けてくださいというアナウンスが入口の係の人からあるかと。この日、ふとめ大き目のリュックだったので、コインロッカーに預けました。(100円戻ってくるタイプ。あ、流れ的に見終わったらエレベーターエリアに行っちゃうので、荷物預けた人は気を付けてコインロッカーへ。)

作品は会期中に入れ替えが何度かあると思うけど、ふとめが今回鑑賞して印象に残っているもの。

まずは、布袋様が描かれている作品が何点かあったなぁという印象。北斎が好きだったのか。はたまた、江戸時代の人にとって人気な神様だったのか。扇子や掛け軸と布袋様が描かれていましたわ。

それと、「なまこ図」なまこが描かれた扇子で「かわいい!」となった横がなんと「生首図」扇子の形した紙にゴロっと男性?の頭が…!!ちょ、グロ注意とかほしいぞ!(ふとめ、お化けとかグロテスクなもの苦手なの)葛飾北斎のガチ絵ってすんごく生々しいんだもん…。あれ、盛り塩とかしなくていいのかしら?ちょっと注意よ。

あと、メトロポリタン美術館所蔵の「工芸職人用下絵集」カタログみたいなものかな?根付とか帯留めのデザインが描かれた本で、小さいけれど、とても可愛らしいデザインでしたわ。

すみだ北斎美術館所蔵「隅田川両岸景色図巻」も特別出品!開館記念展示以来ですわ~。

あ、最後のほうに葛飾北斎の娘「お栄」の似顔絵が描かれている手紙も展示されていました。
ふとぎょろの名前の由来でいつもお世話になっているこちら。

見事なホームベース!

顎の張った娘が取りに行くという手紙が、北斎没170年後には、52階の展望台内ギャラリーのガラスケースの中に飾られ、それをまじまじとみる赤いコートを着た学芸人がいるのです。なんか可笑しいけど不思議な縁。

52階からの眺めも帰り際見れますよ。

スカイツリーも見えました。

そういえば、ふとぎょろのメインビジュアルでお借りしている北斎漫画の顔

ふとめっぽい顔は沢山グッズになっていたのだけど、ぎょろめっぽい顔のがなかったのよねぇ。あれば、ぎょろめちゃんとお揃いで買えるなぁと思ったけれど、ちょっと今回グッズは保留。

同じ52階にあるカフェでは北斎メニューもあるのねぇ!うーむ、お一人様で楽しむにはちょっと寂しかったので、今度、後期あたりにぎょろめちゃん誘っていこうかな♪

にしても、出品目録の「島根県立美術館(永田コレクション)」の多いこと多いこと、永田コレクションすごくね?いや、まてよ、そんなに作品描いている北斎、やっぱりすごくね?

北斎好きの人はぜひぜひ「新・北斎展」へ!北斎展のフライヤーにもデザインされている「弘法大師修法図」は大迫力ですよ。これは会期通して展示しているようなので、要チェックですたい!

 

(葛飾ふとめ)


新・北斎展
HOKUSAI UPDATED
会期:2019年1月17日(木)~3月24日(日)
※会期中展示替えあり
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F
開館時間:10:00 ~ 20:00、火曜~ 17:00 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:1月29日(火)、2月19日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)
料金:一般1600円、大高生1300円、中小生600円
Tel:03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://hokusai2019.jp

↑新・北斎展Twitterアカウント↑
SNSでお得な情報もあるかも?要チェックやで!

今年も行ってきましたパトロンプロジェクト新春横浜美術館貸切イベント☆

イサム・ノグチと長谷川三郎ー変わるものと変わらざるもの」@横浜美術館2019.1.12-3.24

この企画展のパトロンプロジェクト貸切イベントへ行ってきました。

担当学芸員によるギャラリートーク付き鑑賞の後は、「青い日記帳」アートブロガーTak氏とパトロンプロジェクト主宰菊池麻衣子さんによるトークショー。

「なんとなくわかる抽象作品」というのは頷けたけれども、学芸員解説やお二人のトークショーがあって良かった。正直ちんぷんかんぷん。

イサム・ノグチと長谷川三郎が出会った1950年代を中心とした二人の作品が並ぶ。

ちんぷんかんぷんとはいえ、直感でこれは見続けたいなーと思ったのはイサム・ノグチの陶芸作品「幻想のカーテン」と長谷川三郎「都制」

二人とも手当たり次第道具も素材も選ばずアート作品を作ったのだろうなぁと思うほどいろんな素材の作品があり楽しかった。

変な顔の犬はラインスタンプとかにならないかな笑

 

(葛飾ふとめ)