【「知られざる北斎」出版記念トークショー】へ行ってきました。

IMG_E8967

ノンフィクション作家 神山典士 と、スペシャルゲスト女優 山口智子 のトークショー、大変貴重で素敵な1時間半でした。

山口智子さんってサバサバとしたカッコいい女優さんというイメージをふとめ持っていたのです。

本日の登場時に、山口智子さんが持っていたのは山のような北斎の画集と自作ノート。画集と自作ノートには付箋がいっぱい。

びっくりするほど勉強家で、一つ「知りたい!」と思ったらとことん追求する人なんだと、本日のトークショーで知りました。

北斎から始まり、レオナルド・ダ・ヴィンチにドガの手記から読み解く、「知ることは愛」という話や、「北斎ブルー」の話になると、中国陶器の青の染付や、着物の藍染の話になり、「青」は東洋の色だったという話も。次から次に出るわ出るわ。そんなによくポンポン、芸術の話が出ますね!?と驚くばかり。

『造詣が深い』って山口智子さんのような人のことを言うのねぇ。

山口智子さんはトーク内で、北斎が「富嶽百景」初編の最後にある跋文を読んで、100歳を超えてもなお絵師として向上しようとする北斎の気概を感じ、人生観が変わったという話もしておりました。

熱く語る山口智子さんをみて「知ることは愛」を体現しているなと思いました。

「富嶽百景」初編の跋文は「すみだ北斎美術館」のサイトページをみてね。
http://hokusai-museum.jp/modules/Page/pages/view/401

スペシャルゲストの山口智子さんのことでいっぱいになっちゃった。これでもトーク内容のごく一部です。神山さんも「知られざる北斎」を書くにあたっての取材量が凄いので、出るわ出るわ「へー!ほー!」の嵐。

「知られざる北斎」に出てくるキーパーソン・林忠正。林忠正の事を知りたいと思った時の神山さんの話もとても興味深かったです。

「知られざる北斎」驚きが沢山ある内容です。冒頭の北斎とは?のまとめは、飯島虚心「葛飾北斎伝」より読みやすい!分かりやすい!(そりゃそうか!)林忠正に迫る辺りや、小布施「北斎館」には、あの国の美術展の影響が!?など、ミステリー小説を読んでいるみたいな気分にもなります。「知られざる北斎」ぜひ。

「知られざる北斎」
https://www.gentosha.co.jp/book/b11846.html

 

(葛飾ふとめ)


新刊「知られざる北斎」に関連した《北斎巡礼の旅|2018》

その中の「安中・磯部温泉北斎セッション」にふとぎょろ出演いたします!お申込みお待ちしております~☆

A5B92EE7-BC8D-4D40-B1F9-EB6C1E2F6CF2

「安中・磯部温泉北斎セッション」
《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

~北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。~

2018年9月10日(月)18時開演
@磯部ガーデンホテル宴会場

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。
また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
[E-mail] hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅とは》
江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)
北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸~長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

【葛飾北斎巡礼の旅 URL:https://www.hokusaijyunrei.com

「安中・磯部温泉北斎セッション」《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

「安中・磯部温泉北斎セッション」
《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

~北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。~

2018年9月10日(月)18時開演
@磯部ガーデンホテル宴会場

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。
また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
[E-mail] hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅とは》
江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)
北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸~長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

【葛飾北斎巡礼の旅 URL:https://www.hokusaijyunrei.com

A5B92EE7-BC8D-4D40-B1F9-EB6C1E2F6CF2

【速報!】《北斎巡礼》9月10日「安中・磯部温泉北斎セッション」情報!【ふとぎょろ出演】

IMG_8829

神山典士先生と北斎巡礼キャンペーンガールふとろぎょろ

本日もノンフィクション作家神山典士さんと《葛飾北斎巡礼の旅》をメディアにPRしてまいりました~☆

《葛飾北斎巡礼の旅|2018》
2018年9月4日~9月16日
☆ツアー参加者大募集☆

「北斎セッション」などの情報が続々と入っております!

ここで速報☆

ふとぎょろも出演します「安中・磯部温泉北斎セッション」情報!

葛飾北斎巡礼の旅2018
「安中・磯部温泉北斎セッション」

【日時】
2018年9月10日(月)18時開演

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
tel:054-263-2211/fax:054-263-2218
E-mail:hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅》とは…
葛飾北斎が晩年(80歳後半)に四度訪れた「小布施」そこまでの北斎が歩いたとされるルートを辿る巡礼イベント。
東京・墨田から信州・小布施まで11泊12日かけて歩きます!部分参加もOK♪
(巡礼参加者の例えばはこちらの記事にて)

巡礼イベント詳細は《葛飾北斎巡礼の旅|2018》サイトをチェック!

9月10日「安中・磯部温泉北斎セッション」への一般参加もできます!「ツアーは難しいけど、10日ふとぎょろちゃんに会いたい」という素敵な方のお申込みドシドシお待ちしております♪「学芸人北斎ネタ」披露いたします!歌って踊って北斎のことしゃべりまくるよ~!!お楽しみに☆

 

(葛飾ふとめ)


磯部ガーデンホテル
〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5

《北斎巡礼2018》キャンペーンガール!?神山先生と一緒にこれからPRしていきます!

IMG_8636

神山典士先生とふとぎょろ

ノンフィクション作家 神山典士 新刊
「知られざる北斎」(幻冬舎)
2018年7月26日発刊

「知られざる北斎」と関連した一大イベント《葛飾北斎巡礼の旅》のキャンペーンガールとして、葛飾ふとめ・ぎょろめは神山先生とご一緒して、新刊・イベント(そして、学芸人も)をメディアにPRして参りました~☆

「知らせざる北斎」
今なぜまた北斎ブームが欧米を中心として起こっているのか?
150年前のジャポニスムと関係があるのか?
北斎とは何者か?
ノンフィクション作家 神山典士 が『北斎』に迫ります!

北斎ファンのみならず、日本が世界に誇る偉人を知るための一冊!

明日の発刊が待ち遠しい!!

新宿紀伊国屋本店をはじめ、全国の紀伊国屋、ジュンク堂、熊沢書店、その他書店でお買い求めいただけます。本屋に行くのが難しいという人はネットで購入もできます。(Amazon「知られざる北斎」のページはこちら

北斎ファンは是非参加して欲しい!一大イベント!!
「北斎巡礼2018」
2018年9月4日(火)~16日(日)

《葛飾北斎巡礼の旅》とは…
葛飾北斎が晩年(80歳後半)に四度訪れた「小布施」北斎が歩いたとされるルートを辿る巡礼イベントです。東京・墨田から信州・小布施まで11泊12日かけて歩きます!(部分参加もOK)ふとぎょろはこのイベントのキャンペーンガールとして、PRしていきます。そして、イベント出演もいたします!

イベントエントリー費は一万円。それに、北斎セクション(ツアー日程内で四回)参加費は各5000円です。宿泊先等は各自で予約が原則となります。「北斎サミットジャパン委員会」事務局でも紹介。詳しくは「葛飾北斎巡礼の旅」サイトまで。

「葛飾北斎巡礼の旅」サイト
URL:https://www.hokusaijyunrei.com/


《北斎巡礼2018》に参加する例えばの三人

  • Aさん「完歩して『北斎』に近づくんだ!」
    そんなあなたをお待ちしています。
    (北斎は小布施へ向かう途中、船も使ったとされるので、完歩したならば『北斎』を脚力で超えると思います。)
  • Bさん「この北斎セクション行ってみたい!じゃあ、この前後を歩いてみようかな?」
    二週間のイベントです。ご利用は計画的に。
    (9月頭は残暑どうかな~。宿泊等も各自手配が基本となりますので、ご無理のない範囲でご参加ください。)
  • Cさん「ふとぎょろちゃんを追いかける!」そんなあなたが大好きです。
    (ふとぎょろ出演予定9月4日(墨田)、10日(安中)、16日(小布施)です。この日程を空けて、ふとぎょろに会いに来てね☆その他にも出没するかも…!?)

ふとぎょろ一度は、北斎が歩いたとされる「本所」から「小布施」へと歩いてみたいと思っていたのです。このチャンスにまた『北斎』を一段と深く知れるのかもしれません。

「宿泊先どうする…!?」「え…!?全部歩いていけるの、ふとめちゃん?」「弱点の膝の皿がなくなっちゃうよ!!」と、ぎょろめちゃんとドキドキしていますが、楽しい思い出が残せるよう、キャンペーンガール頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!(一番の応援はふとぎょろが出演するイベントに来てくれることです☆)

多くのご参加お待ちしております~♪レッツ《葛飾北斎巡礼の旅》

 

(葛飾ふとめ)

北斎漫画「雀踊り」パラパラメモ帳を貰ったよ♪

IMG_6246

信州小布施にあります「北斎館」のミュージアムショップグッズ【北斎漫画「雀踊り」パラパラメモ帳】を、ふとぎょろ色違いで戴きました☆

IMG_E6236

北斎漫画「雀踊り」パラパラメモ帳

メモをパラパラするふとぎょろをぜひご覧くださいませ♪中身も色違いでした☆

事務所の後輩、レッスンも一緒に受けている長野県出身の草田陸くんのお母様より「ふとぎょろのお二人に渡してね。」とプレゼントしてくれました!ありがとうございます☆

今度、陸くんが帰省する際には、お返しに墨田の美味しい物をプレゼントしたいと思います♪

北斎が晩年に訪れた小布施。ぎょろめちゃんと一緒に旅行したのが、もう二年前ですか?あらあらあら、時が経つのは速いものですねぇ。二年前訪れた際の学芸人ブログ記事はこちら

また小布施に行きたいなぁ♪

 

(葛飾ふとめ)


 

一般財団法人 北斎館
〒381-0201 長野県上高井郡小布施町大字小布施485
TEL 026-247-5206 FAX 026-247-6188

開館時間

午前9時~午後5時
午前9時~午後6時(7月・8月のみ)
※ご入館受付は閉館30分前まで
※1月1日は時間短縮開館 午前10時~午後3時まで

休館日

12月31日
※企画展の切替え期間中は、展示内容が異なります。

入館料

企画展 一般 1,000円 / 高校生 700円 / 中学生以下 無料

「北斎館」ミュージアムグッズオンラインショップ

【信州小布施 北斎館 SHOP OF HOKUSAI】

小布施堂「モンブラン朱雀」

monburan

モンブラン朱雀

あのファビラスでマーベラスなふとめが敬愛します姉妹も御用達の「小布施堂」の「モンブラン朱雀」機会がありまして頂きました。

もうね、こんなにビックな美味しいモンブランあるのねぇ♡クリームもたっぷりで大満足♡

「小布施堂」の新栗を使った「朱雀」はこの時期限定の栗の点心ですの。まだふとめ食べれておりません。小布施堂本店の朱雀コースはもうすでに予約いっぱいだとか。まぁ、なんと。いつかは、「朱雀」食べたいのですよねぇ。並ぶしかないかしら…。

小布施の「北斎館」9月2日からの特別展は「北斎漫画の世界」とのことですよ。秋の旅に信州・小布施はいかがですか?あ、でも「朱雀」の時期は、宿とるの大変かなぁ…。ああ、また行きたい!小布施♪

 

葛飾ふとめ



【小布施堂本店】

〒381-0201 長野県上高井郡小布施町小布施808

営業時間
お食事 am11:00 – pm3:00
喫茶   am10:00 – pm4:00
電話 (026)247-2027

『栗の点心 朱雀』

販売期間 2017年9月15日(金)~10月中旬
1,500円(税込) お茶付き

朱雀券配布時間:8:30〜(土日祝:8:00〜)
朱雀券配布場所:小布施堂本店


【北斎館】

〒381-0201 長野県上高井郡小布施町大字小布施485

[開館時間]

午前9時~午後5時
午前9時~午後6時 (7月・8月のみ)
※ご入館受付は閉館30分前まで
※1月1日は時間短縮開館 午前10時~午後3時まで

[休館日] 12月31日
※ 臨時休館もありますので、お問い合わせください

[入館料]

常設展 一般 800円 / 高校生 500円 / 中学生以下 無料
(特別展開催時 一般 1,000円 / 高校生 700円 / 中学生以下 無料)
※障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方(1名)は半額でご入館になれます。

輪旅第九弾!今回のゲストは小布施町出身のあの人!

こんにちは。葛飾ふとめです。
墨田区シティプロモーション特別コンテンツ「葛飾ふとめ・ぎょろめの輪になって北斎!」通称・輪旅の第九弾公開となりました!

20170519_1

輪旅第九弾~北斎でつながる小布施とすみだ~書家・禮生さん編

今回のゲストは北斎が晩年過ごしたと言われる長野県民小布施町出身で墨田区在住の書家禮生(れいぶ)さんです。

fg123_3

今年のお正月にすみだ北斎美術館の新春イベント「祝!北斎元年 初春再廻隅田賑」でご一緒しました。そのご縁もありまして、今回のインタビューに。

今回は禮生さんの工房兼自宅にお邪魔致しましてお話伺いました。

20170519_2

今回の名札はこんな感じ。禮生さんの作品お借りしました。
そして、今回は禮生’sおもてなし「アスパラガス」

禮生さんの妹さんが長野から送ったもので、それをご馳走になりました。ありがとうございます!とっても美味しかったです。

いやはや、禮生さんとのお話は楽しくてですね、インタビュー終了後もアスパラガスを囲んでおしゃべりいたしましたわ。今度はお酒を呑みながらまたおしゃべりいたしましょうね。

禮生さんの人柄が溢れるインタビュー記事となっておりますので是非ご覧くださいませ。

今回のふとめ’sリピート!豚蕎麦「日和」

20170519_4

以前紹介しました「日和」ここの豚蕎麦が食べたくて、ちょっと飲みに行かない?とぎょろめちゃんと誘っていきました。ああ、このボリューム、やはりいいわね。

20170519_5

スカイツリーのライトアップが綺麗でしたわ。なにやら、新しいライトアップもあるとかで、それがそうだったのかしら?

20170519_3

シティープロモーションの「人 つながる 墨田区」をテーマにどんどんと輪が広がっております輪旅。これからも、人を訪ねて輪を広げてまいりますね。次回の更新もお楽しみに☆

 

葛飾ふとめ

小布施蔵カレーと地ビールの店
「地もの屋 響(ゆら)」

残暑お見舞い申し上げます。
葛飾ふとめでございます。

いやはや、夏本番!!
今年から8月11日「山の日」と制定されましたね。
テレビ番組で山の特集を部屋で見ている今日この頃です。

そういえば、ふとぎょろ小布施旅まだまだ紹介しきれていないのです。

北斎ゆかりの地として、4月に訪れました小布施

IMG_5436

小布施の夜は「地もの屋 響(ゆら)
で過ごしました。

蔵を改修した落ち着く店内で
美味しい地ビールが頂けるとすすめてもらいまして。

ビールにワインにと美味しいお酒をいただきました。
特にワインが好みの味だったなぁ。

肴は、山芋のマスタード和え。

IMG_5464

食事は

IMG_5465

グラタンと

IMG_5466

小布施蔵カレー

どれもシンプルで美味!
カレーはサラサラして、スパイシー。
グラタンもさらりといただけて、山芋とマスターと和えの辛みはお酒がすすみます。

小布施や長野産のものにこだわった食材、お酒が頂ける
地もの屋 響(ゆら)」
小布施を訪れた際に、ゆったりした時間をここで過ごすのはいかがでしょうか。


【地もの屋 響】

ADDRESS :長野県上高井郡小布施町大字小布施1101
TEL : 026-247-6911
OPEN :
[火~土]
昼 11:30~14:30(L.O)
夜 18:00~22:30(L.O)
[日]
昼 11:30~15:30(L.O)
夜 18:00~22:30(L.O)
※祝日・連休は営業あり。お電話にてご確認ください。

ランチ営業、夜10時以降入店可、日曜営業

定休日 : 月曜日 ※祝日・連休の営業はお電話にてご確認ください。
最寄駅 :長野電鉄『小布施』駅下車徒歩5分

小布施ふとぎょろ旅【食事編】ギョーザ屋「萬福」

こんにちは、葛飾ふとめでございます!

 

先日の「北青山チャンネルまつり」無事終わりました☆

ご来場くださいましたお客様ありがとうざいました。

〝ホンモノ志向のマイノリティ〟がたくさん詰まった【北青山チャンネル】各コンテンツともに

今度ともよろしくお願いいたします♪

 

さてはて、学芸人ブログ今回の記事は

先日、小布施に行ってきました時の食事編でございます。

 

食事編の第一弾は、ギョーザ屋「萬福」です!

IMG_5429

ジャ、ジャーン!美味しすぎて写真を撮り忘れるほどに即ペロリでした。

本当は、お皿にずらっと餃子が並んでいたんですけど、

もうもうもう、待ちに待っていたら止まらなくて。

 

どうだい!この美しき餃子!(ぎょろめちゃん撮影)

gyoza

いやはや、ここの餃子は注文してから、ひとつひとつ餃子を作るのです。

タネと皮の元は作ってあるのですが、注文を受けてから、皮を一枚一枚作っていき

それにタネを入れて包みます。

皮を作っている音も、餃子を焼いている音も心地よくて。そして、おなかがすく。

IMG_5428

あ、水餃子の写真はあった。水餃子もぷりっとしていてジューシー美味しい!

IMG_5426

こちらは焼き餃子!

ひとつひとつが大きいのです!

IMG_5433

うーむ、比較対象が悪いなぁ…。

大きさが分からないなぁ…。

IMG_5434

お!このぎょろめちゃんの写真なら、大きさが分かるでしょ!

いやー、一つがこの大きさ!これがずらっと並んでいるから、最初は食べれるかなぁなんていってたんですが

なんのその!ペロリと頂きました。

 

住宅の隣に小屋があり、そこに厨房とカウンターが5席ほどある小さなお店「萬福」

ちょっと小布施駅から離れておりますが、小布施に訪れた際にいかがでしょうか?


萬福
長野県小布施町千両43
090-8326-6474(予約可)

営業時間 11:30~14:00 17:00~19:30

ふとぎょろ、信州・小布施に行ってきました!

みなさま、こんにちは!

葛飾ふとめでございます。

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

 

ふとぎょろの二人はゴールデンウィークに入る前に、

北斎が晩年訪れたとされる「信州・小布施」に行ってきました。

 

IMG_54451

レンタルサイクルで、北斎晩年の大作である天井絵「大鳳凰図」がある岩松院に向かうぎょろめ(撮影:ふとめ)

 

北斎は83歳の時に、小布施の豪農商生まれであり浮世絵師でもあった高井鴻山の誘いで小布施へ訪れます。

その後四度訪れ、「大鳳凰図」は89歳の時に描いたとされています。

 

なんとも、パワフル!

駕籠や、川を船で渡るなどしているとはいえ、江戸から小布施の旅は容易ではなかったはず。

だって、新幹線を使った現代でもなかなかの移動距離でしたわ。

 

IMG_5450

IMG_5435

でもなぁ、この景色をみたら、何度でも訪れたくなるかな。

 

北信五岳が連なる景色に、温泉、美味しいご飯と、栗を使ったびっくりスイーツ。

高井鴻山が用意した北斎のアトリエが残ってあり、

娘、応為も一緒に訪れていたとされて、応為が世話になっていた味噌屋が今もある。

 

過去と現在の繋がりが色濃い小布施。

小布施堂にある門。「夜、この門を北斎と応為がくぐった。」という話を聞いて、「ああ、北斎は生きていたんだな」と思う私。

どことなく実在していた実感が持てていなかった。けれども、今回の旅でより北斎という人物を身近に感じることができた。

 

83歳の北斎と、37歳の鴻山はどんな話をしていたのだろう。年齢関係なく、絵のことや、甘いものの話でもしていたのだろうか。思いを馳せる。

 

4

岩松院の桜が満開でした。

 

ふとぎょろ小布施旅は移動編、美味しいご飯編、小布施堂のびっくりスイーツ編などなど更新予定です。

お楽しみに☆

 

◎今日のふとぎょろMEMO

「高井鴻山って、北斎のパラディンだったのね!」という、ふとめに対し、

目をぎょろりとさせて「パ・ト・ロ・ン、ね!」というぎょろめとのやり取りが旅の中で数回ありましたとさ。