《ジャパンエキスポ2018》北斎名前唄「北斎卍ラプソディ」MVが流れたよ~!

IMG_8754

ジャパンエキスポ2018すみだ北斎美術館ブースで北斎名前唄「北斎卍ラプソディ」MVが流れたよ~☆

IMG_8767

「北斎」手話振付してくれている~!!

IMG_8753

ふとぎょろ英語版ポスター・プロフィールを新たにぎょろめちゃんが作成!

ふとぎょろワールドワイドになっていくで~☆

 

(葛飾ふとめ)


《ジャパンエキスポ2018》でも流れました!
『英語解説版【北斎名前唄】「北斎卍ラプソディ」』
北青山チャンネルyoutubeチャンネルにて公開中!見てね☆

【「知られざる北斎」出版記念トークショー】へ行ってきました。

IMG_E8967

ノンフィクション作家 神山典士 と、スペシャルゲスト女優 山口智子 のトークショー、大変貴重で素敵な1時間半でした。

山口智子さんってサバサバとしたカッコいい女優さんというイメージをふとめ持っていたのです。

本日の登場時に、山口智子さんが持っていたのは山のような北斎の画集と自作ノート。画集と自作ノートには付箋がいっぱい。

びっくりするほど勉強家で、一つ「知りたい!」と思ったらとことん追求する人なんだと、本日のトークショーで知りました。

北斎から始まり、レオナルド・ダ・ヴィンチにドガの手記から読み解く、「知ることは愛」という話や、「北斎ブルー」の話になると、中国陶器の青の染付や、着物の藍染の話になり、「青」は東洋の色だったという話も。次から次に出るわ出るわ。そんなによくポンポン、芸術の話が出ますね!?と驚くばかり。

『造詣が深い』って山口智子さんのような人のことを言うのねぇ。

山口智子さんはトーク内で、北斎が「富嶽百景」初編の最後にある跋文を読んで、100歳を超えてもなお絵師として向上しようとする北斎の気概を感じ、人生観が変わったという話もしておりました。

熱く語る山口智子さんをみて「知ることは愛」を体現しているなと思いました。

「富嶽百景」初編の跋文は「すみだ北斎美術館」のサイトページをみてね。
http://hokusai-museum.jp/modules/Page/pages/view/401

スペシャルゲストの山口智子さんのことでいっぱいになっちゃった。これでもトーク内容のごく一部です。神山さんも「知られざる北斎」を書くにあたっての取材量が凄いので、出るわ出るわ「へー!ほー!」の嵐。

「知られざる北斎」に出てくるキーパーソン・林忠正。林忠正の事を知りたいと思った時の神山さんの話もとても興味深かったです。

「知られざる北斎」驚きが沢山ある内容です。冒頭の北斎とは?のまとめは、飯島虚心「葛飾北斎伝」より読みやすい!分かりやすい!(そりゃそうか!)林忠正に迫る辺りや、小布施「北斎館」には、あの国の美術展の影響が!?など、ミステリー小説を読んでいるみたいな気分にもなります。「知られざる北斎」ぜひ。

「知られざる北斎」
https://www.gentosha.co.jp/book/b11846.html

 

(葛飾ふとめ)


新刊「知られざる北斎」に関連した《北斎巡礼の旅|2018》

その中の「安中・磯部温泉北斎セッション」にふとぎょろ出演いたします!お申込みお待ちしております~☆

A5B92EE7-BC8D-4D40-B1F9-EB6C1E2F6CF2

「安中・磯部温泉北斎セッション」
《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

~北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。~

2018年9月10日(月)18時開演
@磯部ガーデンホテル宴会場

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。
また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
[E-mail] hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅とは》
江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)
北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸~長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

【葛飾北斎巡礼の旅 URL:https://www.hokusaijyunrei.com

「安中・磯部温泉北斎セッション」《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

「安中・磯部温泉北斎セッション」
《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

~北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。~

2018年9月10日(月)18時開演
@磯部ガーデンホテル宴会場

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。
また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
[E-mail] hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅とは》
江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)
北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸~長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

【葛飾北斎巡礼の旅 URL:https://www.hokusaijyunrei.com

A5B92EE7-BC8D-4D40-B1F9-EB6C1E2F6CF2

【速報!】《北斎巡礼》9月10日「安中・磯部温泉北斎セッション」情報!【ふとぎょろ出演】

IMG_8829

神山典士先生と北斎巡礼キャンペーンガールふとろぎょろ

本日もノンフィクション作家神山典士さんと《葛飾北斎巡礼の旅》をメディアにPRしてまいりました~☆

《葛飾北斎巡礼の旅|2018》
2018年9月4日~9月16日
☆ツアー参加者大募集☆

「北斎セッション」などの情報が続々と入っております!

ここで速報☆

ふとぎょろも出演します「安中・磯部温泉北斎セッション」情報!

葛飾北斎巡礼の旅2018
「安中・磯部温泉北斎セッション」

【日時】
2018年9月10日(月)18時開演

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
tel:054-263-2211/fax:054-263-2218
E-mail:hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅》とは…
葛飾北斎が晩年(80歳後半)に四度訪れた「小布施」そこまでの北斎が歩いたとされるルートを辿る巡礼イベント。
東京・墨田から信州・小布施まで11泊12日かけて歩きます!部分参加もOK♪
(巡礼参加者の例えばはこちらの記事にて)

巡礼イベント詳細は《葛飾北斎巡礼の旅|2018》サイトをチェック!

9月10日「安中・磯部温泉北斎セッション」への一般参加もできます!「ツアーは難しいけど、10日ふとぎょろちゃんに会いたい」という素敵な方のお申込みドシドシお待ちしております♪「学芸人北斎ネタ」披露いたします!歌って踊って北斎のことしゃべりまくるよ~!!お楽しみに☆

 

(葛飾ふとめ)


磯部ガーデンホテル
〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5

《北斎巡礼2018》キャンペーンガール!?神山先生と一緒にこれからPRしていきます!

IMG_8636

神山典士先生とふとぎょろ

ノンフィクション作家 神山典士 新刊
「知られざる北斎」(幻冬舎)
2018年7月26日発刊

「知られざる北斎」と関連した一大イベント《葛飾北斎巡礼の旅》のキャンペーンガールとして、葛飾ふとめ・ぎょろめは神山先生とご一緒して、新刊・イベント(そして、学芸人も)をメディアにPRして参りました~☆

「知らせざる北斎」
今なぜまた北斎ブームが欧米を中心として起こっているのか?
150年前のジャポニスムと関係があるのか?
北斎とは何者か?
ノンフィクション作家 神山典士 が『北斎』に迫ります!

北斎ファンのみならず、日本が世界に誇る偉人を知るための一冊!

明日の発刊が待ち遠しい!!

新宿紀伊国屋本店をはじめ、全国の紀伊国屋、ジュンク堂、熊沢書店、その他書店でお買い求めいただけます。本屋に行くのが難しいという人はネットで購入もできます。(Amazon「知られざる北斎」のページはこちら

北斎ファンは是非参加して欲しい!一大イベント!!
「北斎巡礼2018」
2018年9月4日(火)~16日(日)

《葛飾北斎巡礼の旅》とは…
葛飾北斎が晩年(80歳後半)に四度訪れた「小布施」北斎が歩いたとされるルートを辿る巡礼イベントです。東京・墨田から信州・小布施まで11泊12日かけて歩きます!(部分参加もOK)ふとぎょろはこのイベントのキャンペーンガールとして、PRしていきます。そして、イベント出演もいたします!

イベントエントリー費は一万円。それに、北斎セクション(ツアー日程内で四回)参加費は各5000円です。宿泊先等は各自で予約が原則となります。「北斎サミットジャパン委員会」事務局でも紹介。詳しくは「葛飾北斎巡礼の旅」サイトまで。

「葛飾北斎巡礼の旅」サイト
URL:https://www.hokusaijyunrei.com/


《北斎巡礼2018》に参加する例えばの三人

  • Aさん「完歩して『北斎』に近づくんだ!」
    そんなあなたをお待ちしています。
    (北斎は小布施へ向かう途中、船も使ったとされるので、完歩したならば『北斎』を脚力で超えると思います。)
  • Bさん「この北斎セクション行ってみたい!じゃあ、この前後を歩いてみようかな?」
    二週間のイベントです。ご利用は計画的に。
    (9月頭は残暑どうかな~。宿泊等も各自手配が基本となりますので、ご無理のない範囲でご参加ください。)
  • Cさん「ふとぎょろちゃんを追いかける!」そんなあなたが大好きです。
    (ふとぎょろ出演予定9月4日(墨田)、10日(安中)、16日(小布施)です。この日程を空けて、ふとぎょろに会いに来てね☆その他にも出没するかも…!?)

ふとぎょろ一度は、北斎が歩いたとされる「本所」から「小布施」へと歩いてみたいと思っていたのです。このチャンスにまた『北斎』を一段と深く知れるのかもしれません。

「宿泊先どうする…!?」「え…!?全部歩いていけるの、ふとめちゃん?」「弱点の膝の皿がなくなっちゃうよ!!」と、ぎょろめちゃんとドキドキしていますが、楽しい思い出が残せるよう、キャンペーンガール頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!(一番の応援はふとぎょろが出演するイベントに来てくれることです☆)

多くのご参加お待ちしております~♪レッツ《葛飾北斎巡礼の旅》

 

(葛飾ふとめ)

区報「すみだ」にふとぎょろ載りました~☆

IMG_8480

墨田区報‪「すみだ」7月11日号にふとぎょろ写真とコメント掲載されました☆

この号の区報は
『「人 つながる 墨田区」すみだのシティプロモーション特集』

‪墨田区シティープロモーションバラエティ番組
「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!#1~吾妻橋・押上エリア~」

についてコメントしていまーす!
「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」もよろしくお願いします😄「スキスミダ!」体験レポは、学芸人ブログバックナンバーをチェックしてね😉

 

(葛飾ふとめ)

時代を越えて愛され続ける「はりや」【スキスミダ!#2鐘ヶ淵・向島エリア】

「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」
第二回は【鐘ヶ淵・向島エリア】

今回のテーマ
【大人も子供も大満足!夏休みスキスミ映えツアー!】

家族で夏休みがもっと楽しくなるスポットを探すべく
歩き回って喉カラカラ!なふとぎょろが発見したのは…

IMG_9200

趣のある縄のれんが目印の居酒屋 『はりや』

東武スカイツリーライン・墨田区最北端の鐘ケ淵駅で
飲兵衛には有名な「酎ハイ街道」と呼ばれる通りの端っこに位置する
このお店、なんと昭和6年(1931年)創業の老舗なんですって!

ちょうど七夕が近かったので、店先の笹には
お客さんたちの書いた短冊が飾られていました。

ん?子供が書いているのもあるぞ?!これはまさに
「大人も子供も」ツアーの締めにちょうど良いのでは?!
(という建前で呑みたい。)

というわけで、さっそくお邪魔しまーす!

IMG_9198

いざ店内に入ると、ピカピカでとってもオシャレな内装!
なんだか1人でもふらっと入りやすそう…でも新しすぎませんか?

というのも、こちらは2016年12月に道路拡張のため一度閉店して
前の店舗の建物は取り壊されてしまったそう。

その後、先代であるご両親から暖簾を受け継いだ女将さんが
2018年1月にリニューアル・再オープンしたのだとか。

IMG_9192

さてさて、まずはやっぱり『酎ハイ』(300円)で乾杯!
暑い中歩き回った体にスルスルと、水のように染み渡っていきます。

いや、もはや水より飲みやすいのでは…。
かの老子は言いました「上善水の如し、あと酎ハイも水の如し。」

調子に乗って流し込んでいるふとぎょろへ、女将さんが
「後から”くる”から気をつけてね」とのこと。

汗をかいたあとにはすぐ効きますよー!皆さんもお気をつけて。

IMG_9194

さあ、最初の酒肴は『げそ天』(420円)
旧店舗の頃から、お客さんに愛されている逸品です。

うっすらとお好み焼き的な生地をまとったプリプリのイカが
甘めのソースにからんで…これは酎ハイお代わりしちゃう…!

でもダメ!いまは取材中なんだから!と歯を食い縛り写真を撮ります

あれ?ふとめちゃん、グラスの酎ハイ増えてない?
お前…いつの間に2杯目を…!裏切り者!!

IMG_9195

気を取り直して、2品目は『キャベツ炒め』(380円)
こちらも昔からの名物!女将さん曰く「焼きそばです。」

野菜炒めでさっぱりしたい…でもちょっと炭水化物も食べたい!
そんな飲助のワガママが形になりました、やったね!

IMG_9197

壁には、ほかにも気になるメニューがたくさん!
価格もお手頃で、ちょこちょこつまむのにぴったりだなぁ。

それにしても、オシャレなだけじゃなく不思議と落ち着く雰囲気。
なんだかお店というより、実家のような安心感です。

飲むだけでなく仕事終わりに晩ごはんを食べにくるお客さんも
いるらしく、はりやは「第二の我が家」のような存在なのかも。

(常連さんは「ただいまー!」と来店する人もいるそう。笑)

IMG_9199

最後に店主の荘司美幸さんと記念撮影!ごちそうさまでした。

初めて伺ったにもかかわらず、こんなにほっと出来るのは
前のお店の天板をそのまま使った、年季の入ったL字のカウンターや
先代の頃からお客さんたちに愛されてきた定番メニュー

そしてなにより、長年お店と地域の歴史を知る女将さんが
昔と今を繋いで、優しく迎えてくれるからかもしれません。

これも”人・つながる・墨田区”ならではの空気感なんだな!

夏休みは家族揃って、ここに帰省するのも良いかも?
あなたもぜひ、はりやに ”帰って” みてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IMG_9191

今回頼めなかったけど気になったのは、この『赤いウインナー』
これぞまさに子供も大人も、ワクワクする一品だー!

(葛飾ぎょろめ)

______________________________


はりや

〒131-0031 東京都墨田区墨田2-9-11

東武スカイツリーライン「鐘ケ淵」駅:徒歩4分

℡:03-6657-5359

営業時間 17:30~23:30(日曜定休)

______________________________

◆墨田区シティプロモーションバラエティ番組◆
《葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!》

この番組は、「すき」があつまる。すみだのローカルメディア
SUKI SUMI」内の「すみDIARY(自由投稿掲示板)」と連携!

この掲示板は、墨田区の5つのエリア【「吾妻橋・押上」「鐘ヶ淵・向島」「八広・京島」「錦糸町」「両国」】の「このお店の○○が美味しいよ」「○○の参加者募集中!」 「こんな素敵な場所がありました」など、誰でも自由に投稿できるページです。

皆さんの投稿お待ちしております♪
今回の取材は以下の日程で放送されます!お見逃しなくー!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番組:墨田区シティプロモーション・バラエティ番組
「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」
放送日: 7月29日(日)~8月4日(土)
放送時間:午前9時、正午~、午後4時~、午後8時~
放送チャンネル:ジェイコム11CH
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電車好き集まれ~♪一日遊べちゃう「東武博物館」【スキスミダ#2鐘ヶ淵・向島エリア】

「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」

第二回は【鐘ヶ淵・向島エリア

IMG_7838

夏休みの思い出、そして、自由研究のテーマになりそうな室内施設を探すふとぎょろ(夏は暑いからね!)次なる夏休み【スキスミ映え】スポットは「東武博物館

IMG_7817

「東武博物館」の鈴木愛美さんに案内をしてもらいました。

IMG_7819

デハ1形5号電車

「きゃー!昔懐かしい電車よ~。」といっても、ふとめ実際の列車は見たことはなし。カメラマンのたろうさんは子どもの頃、この電車が実際に走っているのを見たことあるといっていましたわ。

IMG_7829

まぁ!運転手気分味わえちゃいます!鎖の仕切りがありますが、これは当時のままに。来場者は誰でも、中に入って、運転手気分が味わえるとのこと!

IMG_7835

スペーシアのコンパートメント(個室)

特急電車の個室体感スポットもあり!クッションふかふかだったわ~。旅行気分も味わえちゃいます。

IMG_7842

何やら、リンリン音がするコーナーがありまして

IMG_7845

あら?黒電話の展示もありますのね。

IMG_7847

ぎょろめちゃんと懐かしの刑事ドラマや、昼ドラごっこをしました。

IMG_7858

様々なシミュレーションがありましたわ。これは、プラレールを動かしています。

IMG_7904

初めての人でも安心。スタッフさんがしっかりサポートしてくれます。

IMG_7882

こちらは、実際の映像と合わせてより臨場感あふれるシミュレーション

IMG_7950

このシミュレーション、振動機能もついているので、発車や停車時は結構揺れを感じます。電車を運転するゲームがお好きな人にはたまらないシミュレーション。

IMG_7960

巨大パノラマ!!

IMG_7961

ライトアップもしますのね~。一日に五回、パノラマショーあり!

IMG_7962

中庭や、外観沿いにも車両があり思い思いに写真を撮るのも楽しそう♪

IMG_7963

ぎょろめちゃん、どういうシチュエーションで、そんな般若顔に?

IMG_7955

二階は休憩スペースと「記念物・保存物」コーナーが。実際の使われていた自動改札機の展示が!この改札機、今は残念ながら、故障して動かないということでした。

IMG_7970

券売機の展示もあり。駅員さんが対応する窓口から顔を出すこともできます。

IMG_7964

あっら!各駅で切符の切り口って違ったのね~。へぇ!頭文字で違うんだ~!ふとめ(の中の人)が小学生の頃は、六,七人体勢とかで、駅員さんが切符切っていたなぁ。懐かしい。チョキチョキともカチカチとも違う、独特な切符をきる音が朝、駅で響いましたねぇ。

IMG_7969

IMG_7968

あら~。これは実際に使われていたハンコにハンコ棚かしら。「鴻巣」だけ、めっちゃ文字がかすれているわ…!なぜ…!?

IMG_7967

「東京スカイツリー」駅は以前「業平橋」駅だったのです。資料としては比較的新しいものかなぁ。

IMG_7953

「東武博物館」は「東向島」駅の下にあります。ウォッチングプロムナードでは、走行している電車の底部分を見ることができますよ!

IMG_7954

時刻表もあり、特急電車の底も見れちゃうかも!?

IMG_7952

東京スカイツリーも見れます。

IMG_7972

IMG_7861

5号蒸気機関車(SL B1形5号)

一日に4回、SLショーがあり。実際に車輪が動き汽笛もなります。

IMG_7958

いや~。電車好きにはたまらない「東武博物館」

バスのシミュレーションもあるみたい!今度はそれを体験しに行こうかな♪シミュレーションで運転手体験をして、いかに日頃大事なお仕事をしているのかと追体験できましたわ。広い館内は休憩スペースもありまして、何やらレジャーシートを敷いてお弁当を食べることが出来るスペースもあるのだとか。あら、これは一日中遊べちゃうね!

夏休みイベントもあるようなので(夏休みイベント詳細はこちら)避暑も兼ねて、ご家族で遊びにいくのはいかがでしょうか♪大人も子どもも楽しめること間違いなし!

IMG_7971

顔ハメパネルは子ども用サイズでしたが、そこに顔ハメパネルがある限りなんとか撮りたいふとぎょろ。なんとか撮ることができました☆

 

(葛飾ふとめ)


東武博物館

〒131-0032 東京都墨田区東向島4丁目29 墨田区東向島4丁目28−16
℡:03-3614-8811
開館時間
午前10時~午後4時30分
(入館は午後4時まで)
休館日
毎週月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料
大人200円
子ども 100円(4歳~中学生まで)


◆墨田区シティプロモーションバラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」◆

この番組は、「すき」があつまる。すみだのローカルメディア。「SUKI SUMI」内の「すみDIARY(自由投稿掲示板)」と連携!

「すき」があつまる。すみだのローカルメディア。「SUKI SUMI」内の「すみDIARY(自由投稿掲示板)」 は、
墨田区の5つのエリア【「吾妻橋・押上」「鐘ヶ淵・向島」「八広・京島」「錦糸町」「両国」】の「このお店の○○が美味しいよ」「○○の参加者募集中!」 「こんな素敵な場所がありました」など、誰でも自由に投稿できるページです。
ぜひご活用ください!投稿お待ちしております♪

今回の取材は、墨田区のシティプロモーションバラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」で放送!
番組:墨田区シティプロモーション・バラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」
放送日: 7月29日(日)~8月4日(土)
放送時間:午前9時、正午~、午後4時~、午後8時~
放送チャンネル:ジェイコム11CH

「セイコーミュージアム」時計の今昔を知る!【スキスミダ!#2鐘ヶ淵・向島エリア】

「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」

第二回は【鐘ヶ淵・向島エリア】

IMG_7909

時計の今昔を知る!時計が好き、「SEIKO」が好き、自由研究のテーマどうしようっという人は「セイコーミュージアム」へ!

seiko1_2

赤道型(コマ型)日時計

「セイコーミュージアム」の熊さん(熊谷勝弘さん)に案内してもらいました。まず、一階の時計の歴史コーナーを見学。紀元前4000年前から人は時を測ることをしていたのですねぇ。

日時計から始まり、

IMG_7985

線香時計

お香で測ったり。

IMG_7765

鉄枠塔時計

世界最古の機械式時計と同じタイプだそうです。

IMG_7763

他にも、懐中時計や掛け時計など展示してありました。

ここで「時計の歴史」という自由研究テーマができますね。

次は同じく一階のスポーツコーナーへ

IMG_7991

テレビで見ていたあのゴール近くにあったりする黄色い時間計測機は「SEIKO」の製品なのね!

IMG_7990

これは水泳競技で使われているもの。黄色い部分を結構強めにタッチすると、タイムがスタート・ストップします。

IMG_7989

水泳競技ではなく、短距離走の記録を。「ウサイン・ボルト選手の記録「9,58」をぴたりと当てよう!」というコーナーもしました。ふとぎょろは果たして「9,58」を出すことができたのか!?それは、番組をお楽しみに。

写真の「9,58」は、熊さんが出したもの。3、4回目で出したとのこと!さすが、熊さん!

IMG_7815

IMG_7816

スポーツコーナーには「フウガドールすみだ」のグッズも。「SEIKO」はスポンサーをしているのですね。

IMG_8010

大型一挺天符櫓時計

スポーツコーナーを見学した後は、いざ二階へ。二階は「和時計」コーナーと「SEIKO」の歴史コーナーでした。

ふとめは何をしているかって?江戸時代に思いを馳せています。ふとめが記念撮影しましたこの和時計。江戸城にあった時計だそうです!

IMG_8001

忠臣蔵八景 二段目の晩鐘

錦絵にあるこの時計。この櫓時計は江戸城の「時計の間」に置かれていたと伝えられているそうです。江戸城で時を計り、江戸の人々に時を知らせていたのですねぇ。

IMG_8002

べっ甲蒔絵枠時打印籠時計

印籠型時計。細工が綺麗だわぁ。

IMG_8012

ぎょろめちゃんが気になったものはこちら

IMG_8006

携帯用日時計

「めちゃくっちゃちっさい!!」とぎょろめちゃん興奮していました。

IMG_7787

「SEIKO」の歴史コーナーは1881年創業から現在まで時計をみることができます。その他にも、内部パーツの展示だったり

IMG_7789

内部構造の模型

IMG_8024

クォーツ時計の進化。ふとめよりも大きかった初期クォーツ時計。

IMG_8025

それが五年後にこのサイズに。

IMG_8023

そして、さらに五年後には腕時計サイズになっちゃう!クォーツ時計10年の進化を見ることができます。

IMG_8034

たっかい時計の展示もあった!ぎょろめちゃんも驚愕。

IMG_8029

こちらは実用時計の最高峰『グランドセイコー』がずらり。

IMG_7906

こちらでは3Dを使った、時計の中身を分解できるコーナーもありました。

IMG_8026

ペンにあるボタン操作で画面の部品を摘まむことができます。

IMG_7907

最後に、「時計組み立て体験」もしました。お子さんでもできる体験だそうですが、ふとめはまず、指サックをつけることもままならず、熊さんにつけてもらいました。

IMG_7975

慎重に取り扱う部分が多いですが、ばっちり時計を組み立てることができました!ふとめにも出来たから、ほとんどの人ができるはず!!文字盤の「SEIKO MUSEUM」はレアもの♪

IMG_7976

熊さん、最初から最後まで、本当に細かく丁寧に説明をしてくださりありがとうございました。「時計の歴史」「和時計」「SEIKOの歴史」「時計内部構造」「クォーツ時計の進化」「時計組み立て体験」…。ふとめ、小学生に戻り、ここで、6年間、時計尽くめの自由研究をしたかったですね。

館内の説明は、熊さんがいたら超絶ラッキーですが、iPadによる展示ガイドもあるようですよ。

そして、「時計組み立て体験」は団体向けの体験のようですが、この夏休みはご家族連れなど一般に向けた体験もあるそうです。詳しくは「セイコーミュージアム」までお問い合わせくださいませ。

事前予約が必要ですが、予約できれば無料で入館できます。自由研究のスキスミ映え間違いなしの「セイコーミュージアム」是非行ってみてくださいませ~☆

 

(葛飾ふとめ)


セイコーミュージアム

〒131-0032 東京都墨田区東向島3丁目9−7
東武スカイツリーライン「東向島」駅:徒歩8分
℡:03-3610-6248
開館時間 10:00~16:00(入場受付は15:00まで)
休館日 月曜日、祝日、年末年始
※5月3、4、5日は開館
※月曜日が祝日の場合、翌火曜日も休館
入館料 無料
見学は事前予約制(開館時間 10:00-16:00)
電話受付時間:9:30~17:00
(休館日を除く)
インターネット申込みも可能
詳しくは「セイコーミュージアム」のサイトまで


◆墨田区シティプロモーションバラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」◆

この番組は、「すき」があつまる。すみだのローカルメディア。「SUKI SUMI」内の「すみDIARY(自由投稿掲示板)」と連携!

「すき」があつまる。すみだのローカルメディア。「SUKI SUMI」内の「すみDIARY(自由投稿掲示板)」 は、
墨田区の5つのエリア【「吾妻橋・押上」「鐘ヶ淵・向島」「八広・京島」「錦糸町」「両国」】の「このお店の○○が美味しいよ」「○○の参加者募集中!」 「こんな素敵な場所がありました」など、誰でも自由に投稿できるページです。
ぜひご活用ください!投稿お待ちしております♪

今回の取材は、墨田区のシティプロモーションバラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」で放送!
番組:墨田区シティプロモーション・バラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」
放送日: 7月29日(日)~8月4日(土)
放送時間:午前9時、正午~、午後4時~、午後8時~
放送チャンネル:ジェイコム11CH

「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」#2は【鐘ヶ淵・向島エリア】で夏休みの思い出作り☆

「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」第二回は…

\【鐘ヶ淵・向島エリア】/

IMG_8309

今回の山本亨墨田区長からの指令は【鐘ヶ淵・向島エリア】で、「大人も子供も大満足!夏休みスキスミ映えツアー」を探せ!ということで、ふとぎょろ【鐘ヶ淵・向島エリア】へ行ってきました~☆

夏休みの思い出になって、しかも、自由研究のテーマも見つかっちゃうかも!?

今回の取材先はこちら♪
(取材先をクリックすると学芸人体験レポへ)

sukisumida2_2

セイコーミュージアム

sukisumida2_3

東武博物館

sukisumida2_4

はりや

「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」
第二回【鐘ヶ淵・向島エリア】

墨田区役所公式youtubeチャンネルにて動画公開!
ぜひご覧ください☆

 

(葛飾ふとめ)


◆墨田区シティプロモーションバラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」◆

この番組は、「すき」があつまる。すみだのローカルメディア。「SUKI SUMI」内の「すみDIARY(自由投稿掲示板)」と連携!

「すき」があつまる。すみだのローカルメディア。「SUKI SUMI」内の「すみDIARY(自由投稿掲示板)」 は、
墨田区の5つのエリア【「吾妻橋・押上」「鐘ヶ淵・向島」「八広・京島」「錦糸町」「両国」】の「このお店の○○が美味しいよ」「○○の参加者募集中!」 「こんな素敵な場所がありました」など、誰でも自由に投稿できるページです。
ぜひご活用ください!投稿お待ちしております♪

今回の取材は、墨田区のシティプロモーションバラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」で放送!
番組:墨田区シティプロモーション・バラエティ番組「葛飾ふとめ・ぎょろめのスキスミダ!」
放送日: 7月29日(日)~8月4日(土)
放送時間:午前9時、正午~、午後4時~、午後8時~
放送チャンネル:ジェイコム11CH