20170610_1467054

かわさきみえこの最大の課題は「肚から声を出す」

「俳優にとって大事なことは身体の柔軟性だ!」ドヤッ!

「フレームに納まるということが俳優の力量だ!」ドヤッ!

 

ここ最近の稽古場ブログでの私、ドヤ感が半端ないわね。

ニューフェイスがどんどん入ってきて、気が付けば、

ワークスタジオで古参のメンバーになっている。ドヤッて先輩風吹かしたいのでしょうね。

前記事の締めみたいに、「かわさきみえこは次の章に入っている」とか言いたいんですよ。

 

三年前は右も左も分からなかったけれど、いまは冷泉さんの指示が三割ぐらいわかるようになってきた。(え、まだ、二割ぐらいかな?)

「わかる」というのは、実行できて見てる人が納得すること。

最初は誰だって分からないし出来ない。でも継続して自分で変化を試みていく人間にとっては伸びやかにできるところだと思う。

ま、とはいえ二年ぐらい、何かに怯えていましたね、縮んでた。自信の無さだったり、人を信頼していなかったり。

 

ただひたすら、分かんないながらもその場にいて話を聞く。そして、できることからやっていく。稽古場の掃除だったり、稽古場ブログの更新だったり、稽古に遅刻しないとか、休まないとか。冷泉さんが薦めてくれたものは大体観たり、聞いたり、読んだり。

ま、真面目に取り組んだからって芽が出るとは限らないけれど、できることからやっていく。

 

ドヤッっているわね、かわさきみえこ

20170610_1467054

そんなかわさきみえこ最大の課題は「肚から声を出す」

これは私のメインテーマなのです。類稀なる恵まれた体型をしている私はでっかい声はすぐでる。

声はでるのだ。だから、肚からというか、肚で声を出すということがちっとも頭も身体も理解できていないようだ。

 

冷泉さんに指摘されないと分からないのだ。

「肚から声を出す」肚から出た声には説得力があると冷泉さん。

いつも「太く出せ」と言われる。グラマラスな体形をしている私だが、至って声はか弱いのだ。

量は出ているが質が軽いのだ。

身体が響くからね。声はでる。でも、肚で出してないから、質が軽いのだ。

 

三年前、ワークスタジオに入った時から、冷泉さんに指摘されている。

ずっとだ。

 

…ふう。桃栗三年柿八年。あきらめそうになるときもあるけれど、必ずややりきると信じていろいろ試していくしかない。その機会は、ヴォーカルレッスンにもダンスレッスンにもある。肚が決まらなきゃなんにもならんことばかりだ。

 

声を聞いて「この声、軽いな」とか「あ、この声良いな」とか、自分だったりメンバーだったりの声の変化を聞けるようになってきたと思う。でも、まだどう出すかとかはわかっていない。でも、「あ、違うな」ってわかるようになってきたのなら、小さい変化だけど、大事なことだ。

 

と、信じていかないとさ、自分が信じていかないとさ。

 

この世界に身を置いていたいって思うのは自分じゃないか。

誰かにやらされている人もいるかもしれないけれど、自分で選んだ道だもの。なんとかやりきるわよ。

別にここじゃなくてもいいし、ここにこだわることもないんだけれど、でも、ここじゃないとここまで伸びなんじゃないかと。

信じている。「信じる者は救われる」と人はいうけれど、信じたもん勝ちでしょ!

 

ということで、素敵な女優になるまでもう少しお待ちくださいませね。

かわさきみえこ、必ずやなってみせますから。

 

「そこそこ」のところで諦めるわけにはいかないの。

 

写真で頭に乗せているグレープフルーツは冷泉さんからの差し入れ。乗せているのは木原さんのもので、この後木原さんが美味しくいただきました。

 

 

(記:かわさきみえこ)

 

20170605_1465072

フレームに納まる。これが俳優の力量というものかしら。

20170605_1465072

只今、今月末のプチ発表会に向けて、稽古しております。

松本龍平と木原陽子による「マクベス」のワンシーン。

20170605_1465063

20170605_1465064

20170605_1465065

稽古を見ている時にね、この二人こんなに表情豊かだったけ?なんて思う。

 

松本龍平は彫の深い顔のぼーっとした野球少年からイギリス人俳優??と一瞬だけ見間違える(まだ一瞬だけよ!)肉体と声に。

 

木原陽子は鉄仮面の冷え切った面していたけど、見つめる表情に血が通っている。同じ見つめる表情でも、物語ってくるものがある。そして、美しい。

二人とも、シェークスピア独特の長い台詞を普通に読む。ってこれ、なかなかできへんで。肚が出来ているのだろう。

20170605_1465069

20170605_1465070

20170605_1465073

冷泉さんが二人のアクションを整えたり、ポイントをつけたりする。

そして、常に「気持ちを大事に」「気持ちを持つように」「気持ちがあって行動するように」

セリフの中、行動の中の『気持ち』を常に意識するように。

20170605_1465066

20170605_1465071

20170605_1465067

決して、木原陽子が冷泉さんをいじめているわけではありません。

 

このショットが撮れた時に、ふっと思ったことがあるの。

「冷泉さんがフレームに入ると、その画が締まる。」

20170605_1465068

そして、無駄なショットがない。

 

長い間、俳優業をしている人の力量だろうか。

アクションに気持ちがはっきりあって無駄がないからだろうか。

 

アクション。無意味にアクションをすれば、それは無駄だ。

アクション。アクションをしなければ、伝わらない。

アクション。気持ちをもって、気持ちのままに、的確なアクションをする。

20170605_1465074

台本の中の登場人物がどういう気持ちなのか、それを表現するのが俳優か?

稽古を見つめている姿が、フレームに納まるのが俳優か?

 

俳優という存在がどういうものか。私は次章に入っているようだ。

 

 

かわさきみえこ

20170526_1461911

自分の身体を気にして、コントロールする。俳優にとって大事なこと

20170526_1461911

冷泉さんが「ちょっとみんな前屈してみな」ってことで、前屈している。

奥から三宅、山口、谷、青木、松本、かわさき、まりあ

まりあは柔軟性がずば抜けているので、土という字の如くべったり開脚しています。

20170526_1461910

若手のメンズたちはなんだか腰が固いのですよね。腰を痛めている話も聞いたが、

まぁ、自分の身体気にしていないとこんな感じかしらね。

私も、三年前はこんな感じで、ダンスやワークスタジオの体操で継続的にしていくことで大分柔らかくなったかな。

 

身体が柔らかくなると、自然といつもの受け答えがよくなるのよね。これ、私の実感。

冷泉さんも「かわさきは身体柔らかくなって15%頭も柔らかくなったな。」なんてことを言っていた。

 

俳優にとって大事なことってなんだと思います?

 

自分の身体を気にして、コントロールすることも大事な要素だと思いますのよ。

だって、舞台に立つのは自分の身体だし、セリフを発するのが自分の声だ。声は身体から発せられる。

20170526_1461915

稽古の最後に必ず行う「荒武者ピラス」この股割りをしながら大きな声でセリフを言うという基礎練は声を鍛えています。

声は肚から出す。そのために基礎訓練。

20170526_1461914

これは湯に浸かっているようですが、そうなのよね。ジェスチャーゲームをしています。

確か温泉を表現していたような。あれ?熱海だっけ。

ジェスチャーゲームの時に表現できる柔軟性。文字を崩して伝える機転の良さって身体の柔軟性からくるのよ!

 

と断言をしてみたり。信じる者は救われますから、信じて自分の身体を気にして、整えていくことは大事だと思います。

だって、この職業、身体が資本ですもの。体調崩して仕事行けないとか、まぁ、普通の事でもそうでしょうけど、

次はありませんからね。

20170526_1461913

今6月末のプチ発表会に向けて準備しています。

20170605_1465062

梅雨が近づき、季語もそのような言葉に。

 

知らないことに興味を持って知っていき、そして、自分の身体に気をつけてコントロールしていく。

自分の思い描く表現をするために、身体を自分でコントロールしていく。

気持ちを表現するために、コントロールを無意識レベルまでに持っていく。

そのためには日々、自分を見つめ気にしながら身体を鍛えていく。

 

俳優ってどういうものだろう。その意識は常に持っておきたい。

 

 

かわさきみえこ

20170511_1457070

世界が花開こうとしている。気が付けば三年が経っていた。

20170511_1457072

輪になり、みんなでストーリーを作るリレーをしていき、それを動いて芝居にしてみようってのをした。

荒唐無稽な奇天烈な話で動いてみると、躓くところがある。それをシンプルにしていったら、

シェイクスピアにあるようなものになった。現代でも上演される作品、そして、人間のドラマに普遍的なものがあると感じる。

とはいえ、荒唐無稽なものも動いてできたら、また楽しいだろうね。でも、作品には難しいのかしら。

20170511_1457070

先攻後攻、人数を増やしてやってみる。

少し、散漫になる。でも

結局のところ、相手と自分という組が増えているだけで、

相手のアクション、それに対する自分のリアクション

自分のアクション、それに対する相手のリアクション

キャッチボール

投げて、受け止め、投げて、受け止め。そのラリーが続いていく。

それが芝居だ。

 

演じるとはなんだ?という話なった。

これはとても興味深い。各々違うし、正解がない。

私が「ああ」と思ったものは「面白い嘘」「鑑賞に耐えられる嘘」

というもの。

「面白い嘘」は、キーワードかも。

20170511_1457067

稽古場に吹く新しい風が陽気で、発見がある。

少し湿っぽかった風が雲となって一雨降る。

その雨が、花に輝きを与える。

20170511_1457068

三年が経ったメンバーの一人一人の世界が花開いてきている

青木冬太、松本龍平、木原陽子

大舞台に挑んでいる清水葉月

 

削ぎ落とした先にある、シンプルで頑丈な芯

花で言う茎だろうか。

しなやかで、風に吹かれても花がすくっと存在する

支えになる茎

 

根を張り栄養を得て、茎の支えがあって、花は存在できる

 

腐らない限りね

 

腐らないかぁ。結構これっていつでも気をつけておかないと、ふいな時に腐る。

だから、しんどくても一日一日じっくり地道に積んでいくしかないか。

 

私の中にある「これでいいでしょ。」といった感覚を打ち砕くぞ。

「こんなことしたくない」と変わるために稽古しているのに、結局「これでいいでしょ」って楽している自分がいたの。

時間がかかると自分に暗示かけたくはないが、まだじっくり三年。わかんないながらも積んでいこうと思っています。

20170511_1457065

カメラを向けたら恥ずかしかったのかしら、谷くんのくしゃ顔

とても素敵なシャツを着ていたから「撮りたい!」と迫った。

ファッションで成し遂げたい事が谷くんにはあるようです。

志しをもって行動するってなかなかできないだけど、大事なことだよね。

20170511_1457066

カメラを向けたら、ヘロー!ってな感じに手を広げた寛太くん

ジャケットとズボンはセットなんだとか。へぇ、いいの持ってるじゃん。

私が細かったら頂戴!ってねだるなぁ。

20170511_1457071

木原さんのネックレス、お父さんの手作りなんだって。

あら、なんと素敵じゃない。

「yooko」と書いてあるのかな。

 

一人一人の世界がみな違って楽しい。その人が持っている種がじっくり育っていくのを、じっと見ていく。

どんな華が育つだろうか。

 

 

かわさきみえこ

 

20170414_1447573

ソウゾウする。気持ち、そして、相手と自分と。あと、いっぱい。

20170414_1447573

おはようございます。かわさきみえこです。

 

あら、台本を使った稽古。あら、珍しい。

20170414_144757120170414_1447570

fmgワークスタジオは

身体をほぐし、相手の話を聞く。そして、自分とはどういうものかを見つめる稽古が多いのです。

 

台本持っちゃうと、それだけに囚われて一気に生が消えてなくなる瞬間があるのです。

なので、あまり使わない。ま、でも時折「セリフを言う」ということに慣れるために使います。

 

やっぱり、お芝居で台本は設計図?土台?みたいなものですし、

ちゃんとセリフも伝えて気持ちも伝えることができる俳優になるために丹念に稽古をします。

 

人それぞれ、取り組み方に違いがあり、欠点が違う。

冷泉さんのお手本をどう自分に沁み込ませていくのか。

 

100パーセント信じろ!なんて、冷泉さん言わないし、やはり判断は各々自分にあるとは思うけど

でも、とりあえず真似てみたり、チャレンジすることは欠きたくない。

 

はっきりしたことがあるの。私、台本・セリフとなると、「相手に伝える」気持ちが弱くなる。

それは「セリフをこう言おう」としている私がいることで弱くなっていると気が付いた。

 

「こう言おう」としている私は、役ではないよね。

 

役の気持ち。その役は何を思って、相手にかけているのか。

 

そこの想像を欠く。相手がいなくなっちゃうときもある。

 

自分と相手がいて、ドラマは生まれる。

これはナショナル・シアター・ライブの「スカイライト」を観て確信した。

 

相手に言葉をかける時、日常ならもっと丁寧に私は言葉を話しているのに、セリフとなると、超不親切。なんにも伝えようとしてない。

 

「相手に伝える」気持ちも言葉も。丁寧に。

 

でもって、やるときはなんも考えない。気持ちがふっと湧く。その気持ちを伝えたり、隠したり

相手とコミュニケーションをとる。

日常でしていることなのにね。お芝居となるとね。変なヘドロがあるから、これを取り除こう。

 

ふっと湧くことはまだ確率低いし、冷泉さんの解説や、他の人のアイディアみたりで、

構築してるから、これをどう自分で実践して、高確率にできるか。確実にできるか。

 

ま、いろんな気づきができるところまできたで!もっと頑張るで!

20170414_1447569

ちょっとブレイク。休憩中のみんな。こんなシーンのお芝居ありそうだなぁなんて。

20170414_1447575

美味しいランチで元気つけます。

20170414_1447568

20170418_1448858

一人一人の短所や長所を話したり、こんな決意があったとか。

実、実体、個人がもっているホンモノ。これは皆それぞれ、素晴らしい。

個人の魅力というものは誰でも持っている。

実を増やすために、本を読んだり映画を観たりする。

 

実のないものは想像をすることで、創造をしていく。そのソウゾウの種も、本だったり、映画だったり。

あとは、飲み屋のおじさんとか、バイト先のおばさんとか。海外旅行とか。

20170414_1447566

20170414_1447567

松本龍平のイギリス日記と、谷裕介のバングラディッシュでの体験

ベクトルは違えど、どちらもパワーがある作文だった。

 

旅先での体験はより実を充実させていく。

 

やることが山ほどあるで。本当に。お芝居する瞬間も、生活するその時も。山ほどやることがある。

時間はかかってしまうけど、得るものは多い。じっくり丹念に鍛え上げていきます。

 

 

K

20170414_1447576

一から丁寧にコツコツと。そして、石の上にも三年

20170414_1447576

 

どうも、こんばんわ。かわさきみえこです。

 

ヴォーカルレッスン新体制二回目。

 

呼吸を一からじっくりみて、そして、身体をほぐす。

 

腰回りや、肩甲骨を中心にほぐしていきます。

 

新メンバーの身体カチコチ具合にびっくりしつつも、まぁ、私も三年前はガッチガチだったなと。

 

柔軟性は鍛練を継続的に積んでいけば身に付きます!

 

『石の上にも三年』

 

これが実感できるほど、肚や腰が少しは動いてきました。

 

これがスタートで、まだまだ先は長いぜ。

20170414_1447574

『早起きは三文の徳』

 

最近、このことわざも、実感と納得をしています。

 

レッスンが早い時間からとなり、レッスンがある日は充実した一日を過ごしております。

カフェで一杯、朝のコーヒーを飲みながら、耳より情報をたくさん聞くことができちゃった!

 

これからはテラス席が気持ちがいい季節になりますね。

 

次も早起きして、一杯楽しもう♪

 

 

K

20170409_1445179

ずらりと並ぶ新しい顔。ヴォーカルレッスンも新体制!

20170409_1445179

どうも、こんばんわ。かわさきみえこです。

 

ヴォーカルレッスンも新体制となりまして、メンバーが急増!

ダンスもこの人数か。酸素が足りるだろうか?

 

ずらーりと、ニューフェイスたちが並んでおります。

20170409_1445180

まずは、ストレッチと呼吸から。

 

丹念に身体をほぐし、腹式呼吸をみていきます。

 

みてきます。ええ、このずらーっと並んだメンバーを見ていきます。

 

丸尾さん一人では大変ですから、なので、経験者がみていきます。

 

「私がいつも言うようなこと、アドバイスしてあげてね。」と丸尾さん

 

やるのとみるのじゃ、全然違いますよ!!!

っと思いつつも、新人とペアを組み、呼吸を見ます。

 

うん、よくわかんないわ!

いやー、自分ではだいぶ動いてきたなと、自分の身体は分かるのですが、

人の身体だと一気に分からなくなる。

 

まいったね。こりゃ。

 

しかも、変な気つかっちゃって、はっきり良い悪い言えないの。

 

「私は好きだなぁ。こっちが。」とか、言っちゃう私。

 

私の嗜好なんてどうでもいいよね…。はい、次からは、ちゃんと良い悪い言います。

 

良い悪いの判断がまだできないようですが、でも、自分の身体が二年前と変わっていることがはっきりしました。

 

自分をどこまで信じることができるのか。

自信。

 

自信がしっかりつくように、鍛練頑張っていきます。

20170409_1445181

桜が満開でしたわ。ああ、春ですわねぇ。

 

K

20170406_1444117

新たなる輝きを胸に。心機一転、六本木スタジオ

20170406_1444117

こんばんわ。かわさきみえこです。

三月で沼袋スタジオとお別れをして、四月からは六本木にあるスタジオをお借りして

fmgワークスタジオ、リスタートです

20170406_1444116

ソメイヨシノが咲き始め、もう今では満開ですね。

20170406_1444131

まずはボールレシーブで始めます。ライトがあるから、ちょっと天井に気をつけないといけないね。

20170406_1444119

端から端がだいぶ長く感じます。これはダンスレッスンのウォークが楽しみ!

 

イギリス旅行から帰ってきた松本龍平。また一段と気が高まったように感じます。

やはり、旅は素晴らしい。

20170406_1444120

20170406_1444121

20170406_1444122

20170406_1444123

何をしてますかって?

人を信頼するゲームといいますか、体操といいますか、人が受け止めてくれると信じて飛び込むことをしました。

20170406_1444124

ええ、もちろん私も。体重100キロ、ウエスト100センチのグラマラス体型のかわさきみえこ(中央)も。

20170406_1444125

20170406_1444126

20170406_1444127

飛び込みました。

ジャンプが高いと受け止める方が楽と冷泉さんが教えてくれたけど、私の精一杯でした。

 

冷泉さん曰く「場所に慣れるためにも」とのこと。

飛び込みや後ろに倒れるなど、人を信用して身体を緩めることをしました。

 

この飛び込みなどの人に託す緩める作業、私、前より、躊躇がなくなってるなって思った。

まぁ、今でも、ああ、固まっているなぁとか思うこともあるけど、前より

何も躊躇なく飛び込んでいけるようになってる。

これも、積み重ねの成果なんでしょうね。

 

 

新しいスタジオ、新しい体制、新しいメンバー

 

先日、沼袋スタジオお別れパーティーで余興とはいえ人前に出たこと

 

それにより、一人一人、新たなる輝きを胸に抱いているように感じた。

 

この輝くをどう増幅していくかは、人それぞれ。

増すこともあれ、失うこともある。

 

失うことなく、一人一人のステップアップが、この新しいスタジオで

出来ることを祈って。

 

さあ、私はどうステップアップしていこうか。

 

 

20170406_1444128

20170406_1444129

20170406_1444116

「桜が咲いているから花見しようか。」と冷泉さん。

ビール片手に、みんなで輪になってお花見。

 

四月、まだ花冷えもしますが、少しずつ暖かくなってきました。

 

 

K

20170330_1441842

沼袋スタジオお別れパーティー

20170330_1441842

どうも、こんばんわ。かわさきみえこです。

先日「沼袋スタジオお別れパーティー」をいたしました。

 

近所の方々、関係者、ワークスタジオOG・OBが来てくださいました。

昔の稽古場発表会の映像をみたり、現役の余興があったり、OG・OBの先攻後攻があったり

盛り沢山のパーティーでした。

 

名残惜しいスタジオですが、今月でお別れです。

18年間という年月は、地下のスタジオにも関わらず、日向のように温かい空間となって私達を見守ってくれる場所となっていました。

私がお世話になったのは3年ですが、この3年間はとても大切な時間を過ごしました。

 

土塊が人間になり、ワタシが私に孵っていく。人を見つめ、自分を見直し、再構築していく場所。

人が育つにはとても素敵な場所でした。

 

それは、場所が変わっても、成り立つのでしょうが。やはり、沼袋スタジオの温かみはここだけのものでしょう。

20170330_1441846

飾りは木原(陽子)工務店によるもの。

20170330_1441843

今回、木原工務店には優秀なアシスタントが。

20170330_1441845

木原と青木と清水で着々と出来上がっていきました。

 

私は何をしていたかというと

20170330_1441841

稽古場にあったアフロとの出会いを果たしていまいた。

なかなかにいいもの譲ってもらいました。ふとめちゃんの新カツラとしてどこかで使えるといいわね

20170330_1441844

沼袋スタジオカツラコレクション

さすが、似合うわね!!

 

 

場所がなくなると聞いてから随分経ったような気がします。終わりはあっけなくすぐに過ぎ去っていった。

沼袋スタジオありがとう、さようなら。こんなに体がぽかぽかするところは日向以外にないんだな。

でも、このぽかぽかする気持ちはFMGワークスタジオがもっている温度なんだろうとも思うのです。

 

パーティーの終わり頃には、集まった人たち全員の頬の色が淡く紅くなったように私には見えました。

この温度を大切に、次の場所でも頑張って行こうと思います。

 

ワタシは私に孵っていく。わたしを取り戻していく。

まだまだ課題は山積みですが、ここがうまく行かない、ここはいいねと、以前より断然判断ができるようになってきました。

まだまだこれからもクリアーしていくことはたくさん。しっかりと積み上げていきます。

 

こんなにも好きで、熱中している。その発見ができた。ありがとう、沼袋スタジオ。

 

さあ!fmgワークスタジオは新たなステージに!

ご期待くださいませ☆

 

K

20170322_1438739

一人一人の歌詞

20170322_1438739

こんばんは。かわさきみえこです。

ボーカルレッスンではメロディに歌詞をつけるというレッスンをしました。

配られたメロディはみんな同じ。なのに、出来上がってきた歌詞は一人一人のカラーがありどれも違いました。

面白いものですよねぇ。

そしてまた、めぐみさんが「こう歌ったら、こうなるし、こうしてもまた別の歌に聞こえてくるよね。」と歌い方や伴奏を変えたり、歌詞の解釈が違うとまた同じ歌詞でも違うと。

摩訶不思議で

とても興味深いレッスンでした。

K