20170414_1447573

ソウゾウする。気持ち、そして、相手と自分と。あと、いっぱい。

20170414_1447573

おはようございます。かわさきみえこです。

 

あら、台本を使った稽古。あら、珍しい。

20170414_144757120170414_1447570

fmgワークスタジオは

身体をほぐし、相手の話を聞く。そして、自分とはどういうものかを見つめる稽古が多いのです。

 

台本持っちゃうと、それだけに囚われて一気に生が消えてなくなる瞬間があるのです。

なので、あまり使わない。ま、でも時折「セリフを言う」ということに慣れるために使います。

 

やっぱり、お芝居で台本は設計図?土台?みたいなものですし、

ちゃんとセリフも伝えて気持ちも伝えることができる俳優になるために丹念に稽古をします。

 

人それぞれ、取り組み方に違いがあり、欠点が違う。

冷泉さんのお手本をどう自分に沁み込ませていくのか。

 

100パーセント信じろ!なんて、冷泉さん言わないし、やはり判断は各々自分にあるとは思うけど

でも、とりあえず真似てみたり、チャレンジすることは欠きたくない。

 

はっきりしたことがあるの。私、台本・セリフとなると、「相手に伝える」気持ちが弱くなる。

それは「セリフをこう言おう」としている私がいることで弱くなっていると気が付いた。

 

「こう言おう」としている私は、役ではないよね。

 

役の気持ち。その役は何を思って、相手にかけているのか。

 

そこの想像を欠く。相手がいなくなっちゃうときもある。

 

自分と相手がいて、ドラマは生まれる。

これはナショナル・シアター・ライブの「スカイライト」を観て確信した。

 

相手に言葉をかける時、日常ならもっと丁寧に私は言葉を話しているのに、セリフとなると、超不親切。なんにも伝えようとしてない。

 

「相手に伝える」気持ちも言葉も。丁寧に。

 

でもって、やるときはなんも考えない。気持ちがふっと湧く。その気持ちを伝えたり、隠したり

相手とコミュニケーションをとる。

日常でしていることなのにね。お芝居となるとね。変なヘドロがあるから、これを取り除こう。

 

ふっと湧くことはまだ確率低いし、冷泉さんの解説や、他の人のアイディアみたりで、

構築してるから、これをどう自分で実践して、高確率にできるか。確実にできるか。

 

ま、いろんな気づきができるところまできたで!もっと頑張るで!

20170414_1447569

ちょっとブレイク。休憩中のみんな。こんなシーンのお芝居ありそうだなぁなんて。

20170414_1447575

美味しいランチで元気つけます。

20170414_1447568

20170418_1448858

一人一人の短所や長所を話したり、こんな決意があったとか。

実、実体、個人がもっているホンモノ。これは皆それぞれ、素晴らしい。

個人の魅力というものは誰でも持っている。

実を増やすために、本を読んだり映画を観たりする。

 

実のないものは想像をすることで、創造をしていく。そのソウゾウの種も、本だったり、映画だったり。

あとは、飲み屋のおじさんとか、バイト先のおばさんとか。海外旅行とか。

20170414_1447566

20170414_1447567

松本龍平のイギリス日記と、谷裕介のバングラディッシュでの体験

ベクトルは違えど、どちらもパワーがある作文だった。

 

旅先での体験はより実を充実させていく。

 

やることが山ほどあるで。本当に。お芝居する瞬間も、生活するその時も。山ほどやることがある。

時間はかかってしまうけど、得るものは多い。じっくり丹念に鍛え上げていきます。

 

 

K

20170414_1447576

一から丁寧にコツコツと。そして、石の上にも三年

20170414_1447576

 

どうも、こんばんわ。かわさきみえこです。

 

ヴォーカルレッスン新体制二回目。

 

呼吸を一からじっくりみて、そして、身体をほぐす。

 

腰回りや、肩甲骨を中心にほぐしていきます。

 

新メンバーの身体カチコチ具合にびっくりしつつも、まぁ、私も三年前はガッチガチだったなと。

 

柔軟性は鍛練を継続的に積んでいけば身に付きます!

 

『石の上にも三年』

 

これが実感できるほど、肚や腰が少しは動いてきました。

 

これがスタートで、まだまだ先は長いぜ。

20170414_1447574

『早起きは三文の徳』

 

最近、このことわざも、実感と納得をしています。

 

レッスンが早い時間からとなり、レッスンがある日は充実した一日を過ごしております。

カフェで一杯、朝のコーヒーを飲みながら、耳より情報をたくさん聞くことができちゃった!

 

これからはテラス席が気持ちがいい季節になりますね。

 

次も早起きして、一杯楽しもう♪

 

 

K

20170409_1445179

ずらりと並ぶ新しい顔。ヴォーカルレッスンも新体制!

20170409_1445179

どうも、こんばんわ。かわさきみえこです。

 

ヴォーカルレッスンも新体制となりまして、メンバーが急増!

ダンスもこの人数か。酸素が足りるだろうか?

 

ずらーりと、ニューフェイスたちが並んでおります。

20170409_1445180

まずは、ストレッチと呼吸から。

 

丹念に身体をほぐし、腹式呼吸をみていきます。

 

みてきます。ええ、このずらーっと並んだメンバーを見ていきます。

 

丸尾さん一人では大変ですから、なので、経験者がみていきます。

 

「私がいつも言うようなこと、アドバイスしてあげてね。」と丸尾さん

 

やるのとみるのじゃ、全然違いますよ!!!

っと思いつつも、新人とペアを組み、呼吸を見ます。

 

うん、よくわかんないわ!

いやー、自分ではだいぶ動いてきたなと、自分の身体は分かるのですが、

人の身体だと一気に分からなくなる。

 

まいったね。こりゃ。

 

しかも、変な気つかっちゃって、はっきり良い悪い言えないの。

 

「私は好きだなぁ。こっちが。」とか、言っちゃう私。

 

私の嗜好なんてどうでもいいよね…。はい、次からは、ちゃんと良い悪い言います。

 

良い悪いの判断がまだできないようですが、でも、自分の身体が二年前と変わっていることがはっきりしました。

 

自分をどこまで信じることができるのか。

自信。

 

自信がしっかりつくように、鍛練頑張っていきます。

20170409_1445181

桜が満開でしたわ。ああ、春ですわねぇ。

 

K

20170406_1444117

新たなる輝きを胸に。心機一転、六本木スタジオ

20170406_1444117

こんばんわ。かわさきみえこです。

三月で沼袋スタジオとお別れをして、四月からは六本木にあるスタジオをお借りして

fmgワークスタジオ、リスタートです

20170406_1444116

ソメイヨシノが咲き始め、もう今では満開ですね。

20170406_1444131

まずはボールレシーブで始めます。ライトがあるから、ちょっと天井に気をつけないといけないね。

20170406_1444119

端から端がだいぶ長く感じます。これはダンスレッスンのウォークが楽しみ!

 

イギリス旅行から帰ってきた松本龍平。また一段と気が高まったように感じます。

やはり、旅は素晴らしい。

20170406_1444120

20170406_1444121

20170406_1444122

20170406_1444123

何をしてますかって?

人を信頼するゲームといいますか、体操といいますか、人が受け止めてくれると信じて飛び込むことをしました。

20170406_1444124

ええ、もちろん私も。体重100キロ、ウエスト100センチのグラマラス体型のかわさきみえこ(中央)も。

20170406_1444125

20170406_1444126

20170406_1444127

飛び込みました。

ジャンプが高いと受け止める方が楽と冷泉さんが教えてくれたけど、私の精一杯でした。

 

冷泉さん曰く「場所に慣れるためにも」とのこと。

飛び込みや後ろに倒れるなど、人を信用して身体を緩めることをしました。

 

この飛び込みなどの人に託す緩める作業、私、前より、躊躇がなくなってるなって思った。

まぁ、今でも、ああ、固まっているなぁとか思うこともあるけど、前より

何も躊躇なく飛び込んでいけるようになってる。

これも、積み重ねの成果なんでしょうね。

 

 

新しいスタジオ、新しい体制、新しいメンバー

 

先日、沼袋スタジオお別れパーティーで余興とはいえ人前に出たこと

 

それにより、一人一人、新たなる輝きを胸に抱いているように感じた。

 

この輝くをどう増幅していくかは、人それぞれ。

増すこともあれ、失うこともある。

 

失うことなく、一人一人のステップアップが、この新しいスタジオで

出来ることを祈って。

 

さあ、私はどうステップアップしていこうか。

 

 

20170406_1444128

20170406_1444129

20170406_1444116

「桜が咲いているから花見しようか。」と冷泉さん。

ビール片手に、みんなで輪になってお花見。

 

四月、まだ花冷えもしますが、少しずつ暖かくなってきました。

 

 

K

20170330_1441842

沼袋スタジオお別れパーティー

20170330_1441842

どうも、こんばんわ。かわさきみえこです。

先日「沼袋スタジオお別れパーティー」をいたしました。

 

近所の方々、関係者、ワークスタジオOG・OBが来てくださいました。

昔の稽古場発表会の映像をみたり、現役の余興があったり、OG・OBの先攻後攻があったり

盛り沢山のパーティーでした。

 

名残惜しいスタジオですが、今月でお別れです。

18年間という年月は、地下のスタジオにも関わらず、日向のように温かい空間となって私達を見守ってくれる場所となっていました。

私がお世話になったのは3年ですが、この3年間はとても大切な時間を過ごしました。

 

土塊が人間になり、ワタシが私に孵っていく。人を見つめ、自分を見直し、再構築していく場所。

人が育つにはとても素敵な場所でした。

 

それは、場所が変わっても、成り立つのでしょうが。やはり、沼袋スタジオの温かみはここだけのものでしょう。

20170330_1441846

飾りは木原(陽子)工務店によるもの。

20170330_1441843

今回、木原工務店には優秀なアシスタントが。

20170330_1441845

木原と青木と清水で着々と出来上がっていきました。

 

私は何をしていたかというと

20170330_1441841

稽古場にあったアフロとの出会いを果たしていまいた。

なかなかにいいもの譲ってもらいました。ふとめちゃんの新カツラとしてどこかで使えるといいわね

20170330_1441844

沼袋スタジオカツラコレクション

さすが、似合うわね!!

 

 

場所がなくなると聞いてから随分経ったような気がします。終わりはあっけなくすぐに過ぎ去っていった。

沼袋スタジオありがとう、さようなら。こんなに体がぽかぽかするところは日向以外にないんだな。

でも、このぽかぽかする気持ちはFMGワークスタジオがもっている温度なんだろうとも思うのです。

 

パーティーの終わり頃には、集まった人たち全員の頬の色が淡く紅くなったように私には見えました。

この温度を大切に、次の場所でも頑張って行こうと思います。

 

ワタシは私に孵っていく。わたしを取り戻していく。

まだまだ課題は山積みですが、ここがうまく行かない、ここはいいねと、以前より断然判断ができるようになってきました。

まだまだこれからもクリアーしていくことはたくさん。しっかりと積み上げていきます。

 

こんなにも好きで、熱中している。その発見ができた。ありがとう、沼袋スタジオ。

 

さあ!fmgワークスタジオは新たなステージに!

ご期待くださいませ☆

 

K

20170322_1438739

一人一人の歌詞

20170322_1438739

こんばんは。かわさきみえこです。

ボーカルレッスンではメロディに歌詞をつけるというレッスンをしました。

配られたメロディはみんな同じ。なのに、出来上がってきた歌詞は一人一人のカラーがありどれも違いました。

面白いものですよねぇ。

そしてまた、めぐみさんが「こう歌ったら、こうなるし、こうしてもまた別の歌に聞こえてくるよね。」と歌い方や伴奏を変えたり、歌詞の解釈が違うとまた同じ歌詞でも違うと。

摩訶不思議で

とても興味深いレッスンでした。

K

20161031_1392084

結成!フラボーイズ?!

先日の稽古は上村まちこ先生指導のもと、2回目のフラダンスレッスンでした!

 

しかーし。偶然にもメンバーは男のみ。。。

ペアダンスではどちらが女役をやるのか争奪戦でした。20161031_1392084

以前より、のびのびと表情も豊かになってきたような気がします。

さり気なくパウスカートを手に持つ松本竜平も可愛らしいですね。笑

 

ダンスは「楽しむこと」と「表情」が大切だということを実感できた日でした。

 

アロハー

 

青木冬太

20160820_1365121

私、レッテルを貼り付けようとしてないか?

こんにちは、かわさきみえこです。

 

いやはや、台風関東に上陸しますね!

夏もそろそろ終わりに入っておりますね。

 

さてはて、ワークスタジオは夏休みでした。

 

20160820_1365120

夏休みの間、テーマのある日記をつけることになりまして、

写真は各々の日記。

 

今回の日記で一番手が込んでいたのは、竹森さんの絵日記!

 

自画像がうまいことうまいこと、イラストの隠れた才能が垣間見れました。

文字もキッチリ、一マスに四文字入るようになっていたり、起きた時間を書いたりと、まめさが伝わる。

 

日記でも各々の個性が光ります。

 

 

20160820_1365121

夏休み明けの稽古に観た映画「日本のいちばん長い日」

 

8月15日

71年前のこの日になにが起こったのか。三時間の作品の中に込められた願い。

この願いが多くの人に届きますように。

 

忘却は人間が生きていく術ですが、メモリーを大事にしなくては、ただの繰り返しをするまで。

国という意識を、私はあまり持ちたくないのですが、

でも生まれた国のことを知ること、起こった事実を伝えていくことは大切なことだと思います。

「教えてもらってないもん、知らないもん」じゃ、済まないことになる。

ちゃんと自分で知っていくことが大切だ。

 

映画の力は凄いと、ワークスタジオに通うようになってから、強く思う。

「日本のいちばん長い日」も映画だからこそ、ここまで実として体感できるのだと。

 

学校の授業で、教科書の字面だけでみても、なんにも感じなかったけれど、

映画だと、印象深く残る。

映画は作りものであるけれど、でも、実として色濃く私の記憶に残る。

演じているということは、嘘なのだけど、でも、それが本当よりも強く伝わることがある。

 

映画の力は凄まじい。

 

 

ちょっと、稽古でセリフ合わせをしたのですね。

そこで、「かわさきはセリフになるとスピードが落ちる。セリフはリズムとスピードだ。」

と、冷泉さんからのダメ出し。

 

ああ、私、「〝セリフ”だから、ちゃんと丁寧に言おう」としてるんだわ。

もちろん、丁寧に伝えないと分からないわけでね、あれなんですけど。

でも、もたつくし、余計なことをしているところもあったな、と。

ただ、普通にセリフを言えばいいし、もっと、言い方も普通でよかったんじゃないか。

あんなにふれくされなくてもよかったんじゃないか。

かわいこぶらなくてもいいし、暗くならなくてもいいし、もっと普通に

 

「普通」って何よ。ってなるけど、「普通」を作るために、体操や、声の鍛練が必要なのかなと思う。

普通っていうか、自然かな。

 

以前より、はるかに滑らかに、自然にセリフが出るようになってた。

 

普通に自然に、それでいて、こめるのよね。

 

冷泉さんがセリフを言う時に、いたって自然だけど、気持ちがこもっているのよね。

でもって、気持ちを貼り付けたみたいじゃなくて、内から溢れてくるのよね。

 

実生活で、普通にやりとりしているときみたいに。

 

気持ちって内からくるじゃない?貼り付けられたラベルみたいなものじゃないじゃない。

 

私、レッテルつけることが演じることだと、どこかで思っているわね。

セリフでそのレッテルを表現しようとしてるんだわ。

 

だらか、セリフも遅くなるし、もたついて変な間やアクトが入るんだわ。

 

「普通」「自然」

 

もっと、もっと、生きてきた中で溜まったヘドロを出して、もっともっと澄みわたる清流を自分の中に。

 

もしかしたら、世の中の需要とは違うものかもしれないけれど、でも私は信じた道を進むわ。

 

だって、私の人生だもの。

人は何か言ってくるもので、少し迷ったりもするけど、

でも、私の道だもの。信じて、突き進むわ。

20160820_1365122

七月末に貰った今日の季語

「草いきれ」に「花茣蓙(はなござ)」

 

 

(記:かわさきみえこ)

 

 

 

20160802_1358020

バーレッスンをしました!

20160802_1358017

今回のダンスレッスンは、バレエのバーレッスンをしました。

バレエを習っている、まりあちゃん達が先生となって教わりました。

20160802_1358018

20160802_1358020

生まれて初めてのバーレッスン、まー!足の使ったことないところがピギピギいいますわよ!

20160802_1358019

先生達は朝飯前!

そりゃそうよね、子どもの時から習っているんですもの。

20160802_1358022

20160802_1358021

でも、どうです?

私も二年半のダンスレッスンの成果出てません?

初めてのバレエの基本ポーズもちょっとは立てるようになってましたの。

 

バーレッスンも取り入れて足の運びをますます華麗にしますわ!

 

 

20160802_1358013

ちょっとこれは、ジャンプターンの練習も兼ねて写真をとりました。

 

いやー、ジャンプターンもなかなかにバランス感覚がないと難しいね!

当たり前か!

 

ダンスの終わりに、ジャンプターンをしております。

20160802_1358014

ちょっとね、ちがうジャンプですけれども、一応載せておきます。

20160802_1358015

人それぞれ、歩んできた道がある。

おはようございます。かわさきみえこです。

 

いやー、昨晩は雷鳴がすごかったですね!

轟に驚いて、起きてしまいましたわ。

 

夏、本番!

といった感じですね。

 

夏の雷は力強くて、畏怖を感じつつも、夏の好きなところです。

 

さてはて、今回の稽古では「初めての○○」と「思い出深い友達」を

30分で思いつくだけ、書いてみるといったことをしました。

20160802_1358015

書き出した後、ぐったりする

20160802_1358016

自分を思い出すからか、体力を使います。

 

書き出した後は、発表して、気になるところがあれば、質問するといった形

 

数も、初めてのことも、質問したい箇所も各々違う。

 

一人一人、歩んできた道の蓄積があって、ここにいて、違う人間が集まっている。

個人が色濃く出て面白い稽古でした。

 

 

冷泉さんが「思い出の中の自分を客観視できたらいいねぇ」

なんてこといっていた。

 

主観で思い出す、友達と私。その私も客観的に見れることができたら、それがお芝居に繋がるといった話

 

へぇ!そうかぁ!と、うなずいていたけど、ちとピンときてない。

でも、それは今までもったことない感覚で、次のヒントになると思う。

 

自分に客観性をもつ

 

これはまた大事なピースだ

 

 

私、スピーチでええかっこしいをしようとして、結局伝わらないってのをまたやった。

あら、学習していないのかね。

 

作戦や、組み立てを考えるっての私なりにしていこうと思った。

考えすぎても、結局、「良い事言おう」なんていう思考になってうまくいかない。

 

「ひきつるぐらいでいいんだよ。これ話たら聞いてる人が引くかもしれないけど、話すってことが大事」

と冷泉さん

 

「ひきつる」ってのに、開きを感じるわ。

 

 

私という星がどういう恒星か、それとも、惑星か。

どういう自転をするのか、衛星は持っているのか、コアはどういったものか。

 

私の星を育てるのだ。

 

 

(記:かわさきみえこ)