日々が、どう重なるかが大人への道

こんにちは、かわさきみえこです。

20151122_1246659

先日の稽古で、慣用句のテストで、頭を抱える(?)メンバー。

日本語を厳しくチェックしたり、自分の声に耳を傾けたり、物事をじっと見つめたり

普通とは違うことに気をつける。

それが俳優の仕事になっていく。

演じるってことは普通のときでもするけど、それを仕事をするってなると
普通とは違う感覚をもつってことなのかな。

この日のスピーチは、レッスンを積み重ねたものと、そうじゃないものの違いがはっきりみえた。
毎週、毎週、レッスンをする。
週一のこととはいえ、それを毎週。

その積み重ねは塵も積もればといったように、一回一回ちょっとつづ積み重なって
気が付けば、山となっている。

山となったら、なかなか崩れないもの。

日々をどう重ねていくのか。
それが大人への道なのか。

レッスンを重ねることで、メンバーが「あ、大人になったな」って思う瞬間がある。

いい方向にいい方向に、積み重なることができるようにしよう。

と、力んでも、よくならなかったりするんだけどね。

とりま、休まず、毎週毎週通う。

通うだけがゴールじゃなくて、通って、何かを積み重ねて、そこからがスタートで
スタートを切ったら、ゴールを切るまで走り続ける
その体力をつけなくちゃな。

ただ通ってたって、いいものにならない。
ただやってたって、いいものにならない。

肚決めて、やってくしかない。

不安も焦りもあるけれど、ま、人間だもの。それもそれ。

少しづつ気楽になっていく自分もいる。これが、大人の余裕ってやつですかね。
なんちゃって。

(記:かわさきみえこ)