「こころ」を持つとは、存在するということ。

こんにちは。かわさきみえこです。

この間の稽古で、松本くんが興味深いことを言ってた。

「こころを持つようにしているんです。」

エチュードをやって、「あれ?松本くん、よりこの場に存在できているな。」
って思ったの。

もともと、松本くんって素のままでいれる人ではいるけど、
素のままで、話聞いてる?なんてときもあったけど。

なんだろ、会話を楽しめているように思えた。

エチュードやった後にあれこれ、千人さんと話しているときに

「こころを持つ」
とういうことを話していた。

いつの間に、そういう意識になった!?
松本くん、何かいいことでもあったのかな。

人がいいなと思う変化って、ふっとしたときにくるのね。

ふと、「あれ、私は、役のこころじゃなくて、
面白くやろうとか、うまくやろうとかに支配されてない?」
って思った。

あと、文章読むときも、「うまく読まなきゃ!」になってない?

って。

技術は日々淡々とやっていくしかなくて。
それに加えて、自分の心をどう持つかだよなぁなんて。

「役はこう思ってる」
って思ったことあったけ?

自問自答がつづきます。

20151206_1252874

千人さんが「これやってみようぜ」としりとりのカードゲームをもってきてました。
ウノっぽいしりとり。

冬太くんはこういうゲーム得意みたいです。