FMGバレーボール沼袋杯の栄冠はどのチームだ!

20160915_1375383

3対3のバレーボール。ラリーをチーム内で一人づつ打ってから相手コートに返す。

 

今日は、男子ばかりだったからかとても熱い試合になっていた。

(木原は男子カウントになる時がある)

 

二セット先取となっていて試合運びがどう転ぶか分からない。

あれ、前から二セット先取だったけ。

 

ラリーが続かなかった時期もあったんだけど、最近はラリーも続く続く。

 

みんな汗だっくだく。

 

ここは真夏の甲子園か。

いいえ、沼袋の地下です。

でも、地下ですが、夏の太陽を感じました。

 

今回、この沼袋杯を制したチームは

20160915_1375386

竹森、松本、川合チーム!

20160915_1375384

優勝賞品はレトルトカレーとうどんだ!

(え、いいな、今回賞品あったの。それは燃えるね!)

 

今回のMVP選手は木原!

20160915_1375385

壮絶なラリーの中、チームの危機を救ったレシーブをしたということでMVP

 

20160915_1375387

本日の映画は「醜聞~スキャンダル~」

 

さっぱりした好青年の画家を三船敏郎。

作りこまれた頼りのない弁護士を志村喬。

引っ込み思案だけど、歌声が凛としている声楽家を山口淑子。

 

黒沢明監督作品の中では失敗作なんて言われていると冷泉さん。

三船敏郎が演じてなったら眠かっただろうなとも。

 

そうね、長いシーンが結構続くのよね。

いまじゃもうみれないほどの。でも長いシーンは他の名作にもあるよなぁ。

 

私は三船敏郎の虜なので、ミニオルガンを足をパタパタさせながら弾いてる姿に大満足です。

 

その人であり、役であり、余計なことをせず、ただ生きている。三船敏郎って稀有。

 

 

この日、セリフ読みをした。

 

したらば、「(木原とかわさきは)セリフを活字として読むだけになっている」と冷泉さんからのダメ出し。

 

あれぇ、丁寧に読むということが、字を読んでいるだけになっているようです。

 

「間違えなきゃいいんだよ。で、あとは芝居をする。」するとも冷泉さん。

 

ああ、そう。どうにも、私の受け取り方が違ったようです。

丁寧に読むこと、セリフを間違えずに読むことだけになっているようです。

確かにそうかもね。

 

台本を貰って一字一句間違えずに丁寧に読む。

から、丁寧を外しましょう。

間違えずにセリフはいう。なんかこれもしっくりこないなぁ。

どうしたってセリフが気になるじゃない。

芝居をすると思おうか。

 

人それぞれ、受け取り方が違うますからね。

 

自分がどう処理していくのか。

 

自分自分といっていたら、木原が「自分ばかりじゃなくて、人の話を聞いたらいいじゃない。」

と。

あれ、この前後がどういう話をしていたか忘れちゃった。

芝居の時に、人の話を聞いたらいいのよね。

自分の回路で話を処理しないとよくわからなくなっちゃうのよね。

 

自分がどうするのか。

毎週の作文と体操は欠かせないものになってるワークスタジオ。

でも、そのほかは私空白だわ。

日によってすることが違うから、体動かす日もあれば、台本つかったりもするし、声出す日もあるし。

 

どうしようか。その時。

 

遊ぶ?楽しむ?苦しむ?

 

気分を上げる?

 

うーん、腑に落ちない。

 

思いっきりやる。

 

かな。うーん、か、だれか俳優演じてみようかな。

この俳優だったらこの瞬間どう思っているんだろう。

ああ、それいいな。

かわさきみえこって女優がどうしているだろうとか。

 

空想ね。ああ、いいわね。

 

ひとまず、映画観て、本読んで、絵観たり、思いっきり思うままに吸収しよう。いいものを。

どうしようもないときは、鑑賞に限る。空想の種を得よう。

 

 

K