20170623_1471237

プチ発表会のお知らせ

20170623_1471237

まぁ!なんということなの!稽古場の写真一枚も撮ってないわ!という、わけでスタジオ近くのカフェ512CAFE&GRILLの美味しいアイスコーヒーの写真を貼ります。

ただいま稽古はプチ発表会に向けての準備がメインですの。

『fmgワークスタジオプチ発表会』
6月27日(火)
15時より(開場は14時30分予定 上演時間は一時間程)
場所 六本木 NATURE BODY HOUSE

ご興味ある方は下記までお問い合わせ下さい

FMG 03-3400-7656
(平日10:00~18:00)

もう次の火曜日ですわね。しっかり準備して頑張りますわー。

(記 かわさきみえこ)

20170610_1467054

かわさきみえこの最大の課題は「肚から声を出す」

「俳優にとって大事なことは身体の柔軟性だ!」ドヤッ!

「フレームに納まるということが俳優の力量だ!」ドヤッ!

 

ここ最近の稽古場ブログでの私、ドヤ感が半端ないわね。

ニューフェイスがどんどん入ってきて、気が付けば、

ワークスタジオで古参のメンバーになっている。ドヤッて先輩風吹かしたいのでしょうね。

前記事の締めみたいに、「かわさきみえこは次の章に入っている」とか言いたいんですよ。

 

三年前は右も左も分からなかったけれど、いまは冷泉さんの指示が三割ぐらいわかるようになってきた。(え、まだ、二割ぐらいかな?)

「わかる」というのは、実行できて見てる人が納得すること。

最初は誰だって分からないし出来ない。でも継続して自分で変化を試みていく人間にとっては伸びやかにできるところだと思う。

ま、とはいえ二年ぐらい、何かに怯えていましたね、縮んでた。自信の無さだったり、人を信頼していなかったり。

 

ただひたすら、分かんないながらもその場にいて話を聞く。そして、できることからやっていく。稽古場の掃除だったり、稽古場ブログの更新だったり、稽古に遅刻しないとか、休まないとか。冷泉さんが薦めてくれたものは大体観たり、聞いたり、読んだり。

ま、真面目に取り組んだからって芽が出るとは限らないけれど、できることからやっていく。

 

ドヤッっているわね、かわさきみえこ

20170610_1467054

そんなかわさきみえこ最大の課題は「肚から声を出す」

これは私のメインテーマなのです。類稀なる恵まれた体型をしている私はでっかい声はすぐでる。

声はでるのだ。だから、肚からというか、肚で声を出すということがちっとも頭も身体も理解できていないようだ。

 

冷泉さんに指摘されないと分からないのだ。

「肚から声を出す」肚から出た声には説得力があると冷泉さん。

いつも「太く出せ」と言われる。グラマラスな体形をしている私だが、至って声はか弱いのだ。

量は出ているが質が軽いのだ。

身体が響くからね。声はでる。でも、肚で出してないから、質が軽いのだ。

 

三年前、ワークスタジオに入った時から、冷泉さんに指摘されている。

ずっとだ。

 

…ふう。桃栗三年柿八年。あきらめそうになるときもあるけれど、必ずややりきると信じていろいろ試していくしかない。その機会は、ヴォーカルレッスンにもダンスレッスンにもある。肚が決まらなきゃなんにもならんことばかりだ。

 

声を聞いて「この声、軽いな」とか「あ、この声良いな」とか、自分だったりメンバーだったりの声の変化を聞けるようになってきたと思う。でも、まだどう出すかとかはわかっていない。でも、「あ、違うな」ってわかるようになってきたのなら、小さい変化だけど、大事なことだ。

 

と、信じていかないとさ、自分が信じていかないとさ。

 

この世界に身を置いていたいって思うのは自分じゃないか。

誰かにやらされている人もいるかもしれないけれど、自分で選んだ道だもの。なんとかやりきるわよ。

別にここじゃなくてもいいし、ここにこだわることもないんだけれど、でも、ここじゃないとここまで伸びなんじゃないかと。

信じている。「信じる者は救われる」と人はいうけれど、信じたもん勝ちでしょ!

 

ということで、素敵な女優になるまでもう少しお待ちくださいませね。

かわさきみえこ、必ずやなってみせますから。

 

「そこそこ」のところで諦めるわけにはいかないの。

 

写真で頭に乗せているグレープフルーツは冷泉さんからの差し入れ。乗せているのは木原さんのもので、この後木原さんが美味しくいただきました。

 

 

(記:かわさきみえこ)

 

20170605_1465072

フレームに納まる。これが俳優の力量というものかしら。

20170605_1465072

只今、今月末のプチ発表会に向けて、稽古しております。

松本龍平と木原陽子による「マクベス」のワンシーン。

20170605_1465063

20170605_1465064

20170605_1465065

稽古を見ている時にね、この二人こんなに表情豊かだったけ?なんて思う。

 

松本龍平は彫の深い顔のぼーっとした野球少年からイギリス人俳優??と一瞬だけ見間違える(まだ一瞬だけよ!)肉体と声に。

 

木原陽子は鉄仮面の冷え切った面していたけど、見つめる表情に血が通っている。同じ見つめる表情でも、物語ってくるものがある。そして、美しい。

二人とも、シェークスピア独特の長い台詞を普通に読む。ってこれ、なかなかできへんで。肚が出来ているのだろう。

20170605_1465069

20170605_1465070

20170605_1465073

冷泉さんが二人のアクションを整えたり、ポイントをつけたりする。

そして、常に「気持ちを大事に」「気持ちを持つように」「気持ちがあって行動するように」

セリフの中、行動の中の『気持ち』を常に意識するように。

20170605_1465066

20170605_1465071

20170605_1465067

決して、木原陽子が冷泉さんをいじめているわけではありません。

 

このショットが撮れた時に、ふっと思ったことがあるの。

「冷泉さんがフレームに入ると、その画が締まる。」

20170605_1465068

そして、無駄なショットがない。

 

長い間、俳優業をしている人の力量だろうか。

アクションに気持ちがはっきりあって無駄がないからだろうか。

 

アクション。無意味にアクションをすれば、それは無駄だ。

アクション。アクションをしなければ、伝わらない。

アクション。気持ちをもって、気持ちのままに、的確なアクションをする。

20170605_1465074

台本の中の登場人物がどういう気持ちなのか、それを表現するのが俳優か?

稽古を見つめている姿が、フレームに納まるのが俳優か?

 

俳優という存在がどういうものか。私は次章に入っているようだ。

 

 

かわさきみえこ

20170526_1461911

自分の身体を気にして、コントロールする。俳優にとって大事なこと

20170526_1461911

冷泉さんが「ちょっとみんな前屈してみな」ってことで、前屈している。

奥から三宅、山口、谷、青木、松本、かわさき、まりあ

まりあは柔軟性がずば抜けているので、土という字の如くべったり開脚しています。

20170526_1461910

若手のメンズたちはなんだか腰が固いのですよね。腰を痛めている話も聞いたが、

まぁ、自分の身体気にしていないとこんな感じかしらね。

私も、三年前はこんな感じで、ダンスやワークスタジオの体操で継続的にしていくことで大分柔らかくなったかな。

 

身体が柔らかくなると、自然といつもの受け答えがよくなるのよね。これ、私の実感。

冷泉さんも「かわさきは身体柔らかくなって15%頭も柔らかくなったな。」なんてことを言っていた。

 

俳優にとって大事なことってなんだと思います?

 

自分の身体を気にして、コントロールすることも大事な要素だと思いますのよ。

だって、舞台に立つのは自分の身体だし、セリフを発するのが自分の声だ。声は身体から発せられる。

20170526_1461915

稽古の最後に必ず行う「荒武者ピラス」この股割りをしながら大きな声でセリフを言うという基礎練は声を鍛えています。

声は肚から出す。そのために基礎訓練。

20170526_1461914

これは湯に浸かっているようですが、そうなのよね。ジェスチャーゲームをしています。

確か温泉を表現していたような。あれ?熱海だっけ。

ジェスチャーゲームの時に表現できる柔軟性。文字を崩して伝える機転の良さって身体の柔軟性からくるのよ!

 

と断言をしてみたり。信じる者は救われますから、信じて自分の身体を気にして、整えていくことは大事だと思います。

だって、この職業、身体が資本ですもの。体調崩して仕事行けないとか、まぁ、普通の事でもそうでしょうけど、

次はありませんからね。

20170526_1461913

今6月末のプチ発表会に向けて準備しています。

20170605_1465062

梅雨が近づき、季語もそのような言葉に。

 

知らないことに興味を持って知っていき、そして、自分の身体に気をつけてコントロールしていく。

自分の思い描く表現をするために、身体を自分でコントロールしていく。

気持ちを表現するために、コントロールを無意識レベルまでに持っていく。

そのためには日々、自分を見つめ気にしながら身体を鍛えていく。

 

俳優ってどういうものだろう。その意識は常に持っておきたい。

 

 

かわさきみえこ