20161125_1682323

第10回 『カレーライスを一から作る』

20161125_1682323

心に深い示唆を与えてくれる映画に出会った。

「カレーライスを一から作る」。

文字通り米からスパイス類、人参玉ねぎジャガイモ、お皿まで。極めつけは肉!

烏骨鶏、ほろほろ鳥まで幼鳥の頃から育て上げる。「食肉」として。

畑を耕すところから食べるまでの武蔵野美大関野吉晴ゼミの記録。

鳥たちの世話をしているうちに情が移ってしまい「殺す」事が出来ないと困惑する学生たち。

そして殺戮の時。意を決して鳥たちの首をねじり首を落とす。学生たちの中の何かが確実に変わった瞬間。

さっきまで自分達になつきまつわりついていた可愛い鳥の羽をむしりナイフを入れる。

ほぼ大学1年生の幼い顔が確かに強く美しなっている。お腹の中にぎっしり詰まっている餌の種。

それを見つめる女子大生「こんなにいっぱい食べてる…」その顔は慈母観音のよう。

映画を見て欲しい。

この言葉の優しさ、生と死の一体化された優しい深さ。残念ながら伝えられない。
一人でも多くの人、特に若者に見て欲しい。FMGワークスタジオは全員必見にしました。

生と死を見つめる事こそが「表現するということ」だとおもうから。でもまるっきり自分だなと思えクスクス笑ってしまいました。若者は美しく大切にしなければなと思いました。必見の映画です!

12月9日までポレポレ東中野。12時30分。14時30分、17時00分の3回。

5枚綴りの回数券を買うと一人1700円が1200円で見られますよ!一人でも多くの人に見て欲しいなぁ。


「グレートジャーニー」シリーズで知られる探検家・関野吉晴が武蔵野美術大学の課外ゼミとして行った活動を追ったドキュメンタリー。「モノの原点を知ることで社会が見えてくる」と考える関野は、学生たちに色々なことに気づいてもらうべく、野菜や肉、米、スパイス、塩、さらには器やスプーンに至るまで、カレーライスに必要なすべての材料を一から自分たちの手でつくるという途方もない計画を発案。集まった100人以上の学生たちと、9カ月にわたる試行錯誤を経てカレーライスを完成させた。学生たちが野菜づくりに悪戦苦闘する姿や、食べるために飼育した家畜を殺すべきか悩む姿を通し、「食べる」「生きる」という人間にとって当たり前の営みを見つめ直していく。(映画.com より)

製作年:2016年
製作国:日本
配給:ネツゲン
監督:前田亜紀
プロデューサー:大島新
公式サイト

fukushimaikimononokiroku4-main

第9回 『ふたりの桃源郷』と『福島 生きものの記録』シリーズ4 〜生命〜

20161028_1666854
ポレポレ東中野は素晴らしいドキュメンタリー映画を上映するミニシアターだ。
ここでまた心に訴えかけてくる秀作に出会った。

ふたりの桃源郷」山口県岩国市の山奥で暮らす老夫婦の25年のドキュメンタリー。
仲の良い老夫婦の淡々とした山の暮らし。それを心配する都会暮らしの子供たち。
1日の仕事を終え缶ビールで乾杯するふたりの笑顔。
認知が始まった奥さんはご主人の亡くなった事を認識せず山に向かって呼びかける。
「おじいさーん~」。澄み切ったおばあさんの声はまさに童女。

元は他人から始まった「夫婦」というかけがえのない関係、そして生きる、生き続ける。
そして消えて、死。

また「福島 生きもの記録」から聞こえてくるのも「生きる」ということ。
原発事故で荒れ放題の無人の町をイノシシ、サル、アライグマが歩く。
そしてその躯からは基準値の100倍のセシウム。
普通なら山深い中で生きものとしての生をまっとうしたであろう動物たちの無惨な死。
二つの作品を見て「いのちの尊厳」という言葉が浮かんできた。
それにしても25年間という長きにわたって撮影し続けた山口放送と「福島生きもの」を粘り強くかつ淡々と記録し続ける群像舎、岩崎雅典さんの「志」に敬意を表する。
岩崎さんは神楽坂「きくずし」で時々お会いする静かな酒品の人です。


『ふたりの桃源郷』

「山」で暮らす夫婦と、支える家族
誰もが自分や家族に重ねずにはいられない、
25年間の貴重なドキュメント。

山口県のローカル放送局・山口放送が、ある夫婦と彼らを支える家族の姿を足かけ25年にわたり追いかけたドキュメンタリー。

カメラが静かに捉え続けた、電気も水道もない山で暮らす夫婦と、離れて暮らす家族の姿は、多くの人々の心を掴み、再放送を望む声が局に寄せられるなど大反響を呼んだ。

山口県内および日本テレビ系列「NNNドキュメント」で長きにわたり放送され、「第4回日本放送文化大賞 テレビ・グランプリ」ほか数々の賞を受賞した伝説のシリーズ、待望の映画化!


『福島 生きものの記録』シリーズ4 〜生命

fukushimaikimononokiroku4-main

東京電力福島第一原発事故はチェルノブイリと同じ「レベル7」。拡散した大量の放射性物質ー。

それは生態系へどんな異変をもたらすのか?
2012年4月から警戒区域解除となった南相馬市小高区を皮切りに、浪江町の「希望の牧場」、川内村でのアカネズミ捕獲調査、警戒区域と富岡町の離れ牛などを追った記録映像です。

20150619_1379937

冷泉のおすすめ映画「千年の一滴」

20150619_1379937千年の一滴」日本人がこの四季に富んだ日本列島から生み出した
「だし」の文化。
その素晴らしい秘密に迫った日仏合同ドキュメンタリー。
それにしても先人の知恵の奥深さにただただ唸るばかり。
パスツールが細菌を発見したとされていると言う500年前に
既に麹菌は日本列島では実用に使われていたのだ。
そして「うま味」という摩訶不思議な第6の食味を完成させた
僕達のご先祖さま。
緻密にして繊細さ。同じ日本人と思えない。
 

北海道の昆布、四国の鰹節、宮崎の椎茸を追って
自然美にあふれる日本列島を追うカメラ。
先人の知恵をかたくなに受け継ぐ老舗、職人たち、
様々なエピソードが胸を打つ。
 

中でもお寺さんの朝食の作法が心に残る。食事の終わり。
僧たちは米七粒に汁をまぶし係の僧に渡す。
係の僧はかき集めた米粒を庭の鳥たちにあげる。生き物としての連鎖にたいする哲学。
日本人は凄かった。この映画を見て「なるほど和食が世界遺産になるわけだ」と納得。
各家庭が鰹節削り昆布で「だし」を取る事を始めたら
今日本人の中の混迷はかなり解消するのではないだろうか。
無理なく見られる美しいドキュメンタリー。
ぜひ若者たちに見て欲しい。
 

この映画の持つ魅力内容の濃さを伝えきれませんでした。
ぜひ映画館で。

20150510_1354643

キネマの天地 冷泉のおすすめ映画

ラ・ピュタ阿佐ヶ谷に団る令子特集20150510_1354643を見に行った。
1964年東宝作品「裸の重役」。
団令子は勿論好きな女優だが
実はこの映画の監督が千葉泰樹だからだ。
千葉泰樹監督といってすぐ分かる人はよっぽどの日本映画通だ。
小津、黒澤、成瀬といった有名監督の影にいるが
実に素晴らしい職人監督の一人だ。
「下町」という一時間弱のSPものを見た時の衝撃。
わずか46分の「鬼火」もそうだった。
この2本を見てこれからは千葉泰樹は外せない絶対に見続けると決めたものだ。
「裸の重役」主演は森繁。
サラリーマンものだが後期の喜劇チックなものでない。
源氏鶏太の原作タイトル「東京一淋しい男」通りの
アイロニーにあふれた森繁の演技が素晴らしい。
団令子は生活の為に体を売る若い娘だが、仕事に疲れた中年男の森繁の癒しの存在

団令子といえば跳ねっ返りの現代っ子といったイメージだが

この作品ではその中にもしっとりした女性像を見せやわらかな母性までうかがわせてくれる。

殺人も声高な言い争いも涙もないが見ていると

胸が熱くなり目尻に涙が浮いてきた。

 

森繁。鬼部長のしたのうだつが上がらない定年間近の

宮口精二同じくダメ社員が若き日の児玉清。

 

千葉作品は残念ながらソフトは出ていないので

是非映画館で見ることをおすすめします。

 

近く京橋のフィルムセンターで5月10日と23日に名作「下町」が2本立てで見られますよ。

なを僕が名前を見たら必ずという監督は

千葉泰樹監督と清水宏、久松静児、山本嘉次郎。

成瀬巳喜男は割と見られるからまぁいいか。

 

「裸の重役」   いい映画です。