【「知られざる北斎」出版記念トークショー】へ行ってきました。

IMG_E8967

ノンフィクション作家 神山典士 と、スペシャルゲスト女優 山口智子 のトークショー、大変貴重で素敵な1時間半でした。

山口智子さんってサバサバとしたカッコいい女優さんというイメージをふとめ持っていたのです。

本日の登場時に、山口智子さんが持っていたのは山のような北斎の画集と自作ノート。画集と自作ノートには付箋がいっぱい。

びっくりするほど勉強家で、一つ「知りたい!」と思ったらとことん追求する人なんだと、本日のトークショーで知りました。

北斎から始まり、レオナルド・ダ・ヴィンチにドガの手記から読み解く、「知ることは愛」という話や、「北斎ブルー」の話になると、中国陶器の青の染付や、着物の藍染の話になり、「青」は東洋の色だったという話も。次から次に出るわ出るわ。そんなによくポンポン、芸術の話が出ますね!?と驚くばかり。

『造詣が深い』って山口智子さんのような人のことを言うのねぇ。

山口智子さんはトーク内で、北斎が「富嶽百景」初編の最後にある跋文を読んで、100歳を超えてもなお絵師として向上しようとする北斎の気概を感じ、人生観が変わったという話もしておりました。

熱く語る山口智子さんをみて「知ることは愛」を体現しているなと思いました。

「富嶽百景」初編の跋文は「すみだ北斎美術館」のサイトページをみてね。
http://hokusai-museum.jp/modules/Page/pages/view/401

スペシャルゲストの山口智子さんのことでいっぱいになっちゃった。これでもトーク内容のごく一部です。神山さんも「知られざる北斎」を書くにあたっての取材量が凄いので、出るわ出るわ「へー!ほー!」の嵐。

「知られざる北斎」に出てくるキーパーソン・林忠正。林忠正の事を知りたいと思った時の神山さんの話もとても興味深かったです。

「知られざる北斎」驚きが沢山ある内容です。冒頭の北斎とは?のまとめは、飯島虚心「葛飾北斎伝」より読みやすい!分かりやすい!(そりゃそうか!)林忠正に迫る辺りや、小布施「北斎館」には、あの国の美術展の影響が!?など、ミステリー小説を読んでいるみたいな気分にもなります。「知られざる北斎」ぜひ。

「知られざる北斎」
https://www.gentosha.co.jp/book/b11846.html

 

(葛飾ふとめ)


新刊「知られざる北斎」に関連した《北斎巡礼の旅|2018》

その中の「安中・磯部温泉北斎セッション」にふとぎょろ出演いたします!お申込みお待ちしております~☆

A5B92EE7-BC8D-4D40-B1F9-EB6C1E2F6CF2

「安中・磯部温泉北斎セッション」
《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

~北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。~

2018年9月10日(月)18時開演
@磯部ガーデンホテル宴会場

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。
また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
[E-mail] hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅とは》
江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)
北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸~長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

【葛飾北斎巡礼の旅 URL:https://www.hokusaijyunrei.com

「安中・磯部温泉北斎セッション」《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

「安中・磯部温泉北斎セッション」
《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

~北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。~

2018年9月10日(月)18時開演
@磯部ガーデンホテル宴会場

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。
また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
[E-mail] hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅とは》
江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)
北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸~長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

【葛飾北斎巡礼の旅 URL:https://www.hokusaijyunrei.com

A5B92EE7-BC8D-4D40-B1F9-EB6C1E2F6CF2

【速報!】《北斎巡礼》9月10日「安中・磯部温泉北斎セッション」情報!【ふとぎょろ出演】

IMG_8829

神山典士先生と北斎巡礼キャンペーンガールふとろぎょろ

本日もノンフィクション作家神山典士さんと《葛飾北斎巡礼の旅》をメディアにPRしてまいりました~☆

《葛飾北斎巡礼の旅|2018》
2018年9月4日~9月16日
☆ツアー参加者大募集☆

「北斎セッション」などの情報が続々と入っております!

ここで速報☆

ふとぎょろも出演します「安中・磯部温泉北斎セッション」情報!

葛飾北斎巡礼の旅2018
「安中・磯部温泉北斎セッション」

【日時】
2018年9月10日(月)18時開演

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
tel:054-263-2211/fax:054-263-2218
E-mail:hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

《葛飾北斎巡礼の旅》とは…
葛飾北斎が晩年(80歳後半)に四度訪れた「小布施」そこまでの北斎が歩いたとされるルートを辿る巡礼イベント。
東京・墨田から信州・小布施まで11泊12日かけて歩きます!部分参加もOK♪
(巡礼参加者の例えばはこちらの記事にて)

巡礼イベント詳細は《葛飾北斎巡礼の旅|2018》サイトをチェック!

9月10日「安中・磯部温泉北斎セッション」への一般参加もできます!「ツアーは難しいけど、10日ふとぎょろちゃんに会いたい」という素敵な方のお申込みドシドシお待ちしております♪「学芸人北斎ネタ」披露いたします!歌って踊って北斎のことしゃべりまくるよ~!!お楽しみに☆

 

(葛飾ふとめ)


磯部ガーデンホテル
〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5

《北斎巡礼2018》キャンペーンガール!?神山先生と一緒にこれからPRしていきます!

IMG_8636

神山典士先生とふとぎょろ

ノンフィクション作家 神山典士 新刊
「知られざる北斎」(幻冬舎)
2018年7月26日発刊

「知られざる北斎」と関連した一大イベント《葛飾北斎巡礼の旅》のキャンペーンガールとして、葛飾ふとめ・ぎょろめは神山先生とご一緒して、新刊・イベント(そして、学芸人も)をメディアにPRして参りました~☆

「知らせざる北斎」
今なぜまた北斎ブームが欧米を中心として起こっているのか?
150年前のジャポニスムと関係があるのか?
北斎とは何者か?
ノンフィクション作家 神山典士 が『北斎』に迫ります!

北斎ファンのみならず、日本が世界に誇る偉人を知るための一冊!

明日の発刊が待ち遠しい!!

新宿紀伊国屋本店をはじめ、全国の紀伊国屋、ジュンク堂、熊沢書店、その他書店でお買い求めいただけます。本屋に行くのが難しいという人はネットで購入もできます。(Amazon「知られざる北斎」のページはこちら

北斎ファンは是非参加して欲しい!一大イベント!!
「北斎巡礼2018」
2018年9月4日(火)~16日(日)

《葛飾北斎巡礼の旅》とは…
葛飾北斎が晩年(80歳後半)に四度訪れた「小布施」北斎が歩いたとされるルートを辿る巡礼イベントです。東京・墨田から信州・小布施まで11泊12日かけて歩きます!(部分参加もOK)ふとぎょろはこのイベントのキャンペーンガールとして、PRしていきます。そして、イベント出演もいたします!

イベントエントリー費は一万円。それに、北斎セクション(ツアー日程内で四回)参加費は各5000円です。宿泊先等は各自で予約が原則となります。「北斎サミットジャパン委員会」事務局でも紹介。詳しくは「葛飾北斎巡礼の旅」サイトまで。

「葛飾北斎巡礼の旅」サイト
URL:https://www.hokusaijyunrei.com/


《北斎巡礼2018》に参加する例えばの三人

  • Aさん「完歩して『北斎』に近づくんだ!」
    そんなあなたをお待ちしています。
    (北斎は小布施へ向かう途中、船も使ったとされるので、完歩したならば『北斎』を脚力で超えると思います。)
  • Bさん「この北斎セクション行ってみたい!じゃあ、この前後を歩いてみようかな?」
    二週間のイベントです。ご利用は計画的に。
    (9月頭は残暑どうかな~。宿泊等も各自手配が基本となりますので、ご無理のない範囲でご参加ください。)
  • Cさん「ふとぎょろちゃんを追いかける!」そんなあなたが大好きです。
    (ふとぎょろ出演予定9月4日(墨田)、10日(安中)、16日(小布施)です。この日程を空けて、ふとぎょろに会いに来てね☆その他にも出没するかも…!?)

ふとぎょろ一度は、北斎が歩いたとされる「本所」から「小布施」へと歩いてみたいと思っていたのです。このチャンスにまた『北斎』を一段と深く知れるのかもしれません。

「宿泊先どうする…!?」「え…!?全部歩いていけるの、ふとめちゃん?」「弱点の膝の皿がなくなっちゃうよ!!」と、ぎょろめちゃんとドキドキしていますが、楽しい思い出が残せるよう、キャンペーンガール頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!(一番の応援はふとぎょろが出演するイベントに来てくれることです☆)

多くのご参加お待ちしております~♪レッツ《葛飾北斎巡礼の旅》

 

(葛飾ふとめ)