俳優の心得(たぶん)冷泉さんが言ってました

横浜シネマリンにて、市川雷蔵祭「破戒」を観る

77 views
約 3 分

市川雷蔵祭での「破戒」を観に、横浜シネマリンへ。

「破戒」はfmgワークスタジオで沼袋スタジオの時に、まだプロジェクターがなく、小さなテレビ画面でレッスン中に鑑賞した。その時は、船越英二や三國連太郎が若い!ハンサム!だの、岸田今日子が若い!かわいい!だのと、目に映ることのみ印象に残っていたように思う。

部落出身であることを隠し生きる小学校教師を市川雷蔵が繊細に演じる。

「映画は映画館で観るのが一番だ。」と言って、名画座へレッスン生を連れて行ってくれた冷泉さん。

飯田橋ギンレイホールではインド映画の「きっと、うまくいく」を観て、私大号泣。
神保町岩波ホールでは「ハンナ・アーレント」を観て、帰りにおでん屋さんに寄った。
下高井戸シネマによく冷泉さんいっていたようで、家がその周辺なんだと勘違いした。
ラピュタ阿佐ヶ谷では加東大介「鬼火」を観たり、池袋新文芸坐では何を観たかな。

どれだけアンテナ張っているんだろ。
でも、これが俳優という仕事に身を置いている人なのだろうなと思ったり。

「神保町シネマでは、今度この特集をするようだぞ。」とか「ナショナル・シアター・ライブってのが始まるぞ。」とか。レッスン毎に情報を与えてくれていた。

市川雷蔵は冷泉さんの好きな俳優の一人で。私は時代劇が好きだと伝えると。「これなんてどうだ。」とDVDを貸してくれた「薄桜記」や眠狂四郎シリーズなど。市川雷蔵の魅力にハマった私に、次は現代劇の「ある殺し屋」も貸してくれた。

没後五〇年特別企画「市川雷蔵祭」
いまでもファンを魅了する市川雷蔵。横浜シネマリン席は半分以上埋まっていた。

スクリーンで観た「破戒」

部落出身を隠し生きる小学校教師の苦闘がダイレクトに感じられる
中村鴈治郎と杉村春子が演じるお寺の住職とその妻とのやりとりが凄く滑稽で笑えてきてしまう
物語の最後、生徒たちへ自分が部落出身であることを告白し、隠していたことを謝罪するシーンがぐっと胸に迫るものがあった

本当に映画館でみる映画が一番だ。観に行けてよかった。
名画が今後も映画館で上映されることを願って、その情報キャッチして観に行こう。

About The Author

FMG俳優・学芸人かわさき みえこ
1984年。神奈川県生まれ。2013年よりfmgワークスタジオ参加。2015年より北斎を楽しく学べる芸人[学芸人]葛飾ふとめ・ぎょろめのふとめとして墨田区を中心に活動中。三度の飯より甘味好き。趣味、食べ歩き。‬憧れの女優は浦辺粂子、塩沢とき、杉村春子。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

Profile image
劇団文学座に29年間在籍。舞台、映画、ドラマのバイプレイヤーとしての存在感とともに、俳優業と並行して続けたライブ活動における歌手冷泉のファンもたくさん存在していた。三枚のCDアルバムを発表。FMGワークスタジオのコーチとして新人を指導し、FMG公演では演出も手がけた。

FMGワークスタジオ

1999年FMGの新人育成を目的に冷泉公裕のコーチによる、俳優など表現者に必要な基礎を学ぶスタジオとして設立。しなやかな肉体、豊かな声作りに重点を置き、文学座の特徴であるリアルな演技表現を大事にした。レッスン生のひとりひとりの個性を見きわめ、持ち味を魅力的に引き出す指導だった。
冷泉風 お気楽日記
冷泉風 アルバム販売中

おすすめ記事

Support Members

FMG所属
俳優・学芸人
1984年。神奈川県生まれ。2013年よりfmgワークスタジオ参加。2015年より北斎を楽しく学べる芸人[学芸人]葛飾ふとめ・ぎょろめのふとめとして墨田区を中心に活動中。三度の飯より甘味好き。趣味、食べ歩き。‬憧れの女優は浦辺粂子、塩沢とき、杉村春子。
葛飾ふとめ・ぎょろめ公式サイト
http://kitachan.jp/futogyoro/
FMG所属
俳優・文筆家
平成7(1995)年、長野県長野市に生まれる。8歳から野球を始め、高校まで続ける。平成30(2018)年、慶應義塾大学文学部を卒業。在学中に映画、舞台に興味を持ち、卒業論文の表題は「ヒッチコック映画における階段シーンのサスペンス性」。2017年4月からワークスタジオ参加。現在はお芝居はもちろん、文章表現にも関心を持って、エッセイや短編小説なども執筆中。
FMG所属
俳優・学芸人
鯖と餃子と猫が好き。夢はなぎら健壱さんになる事。
FMG
マネージャー
愛媛県出身。冷泉さんから江戸っ子の粋を教えてもらう。
FMG
マネージャー
埼玉県出身。 趣味:ビール。